2020年もあと1ヵ月。コロナ第三波が到来する中、ビジネスパーソンの中でも、リモートワーク大歓迎の「リモート強者」とリモート化になじめない「リモート弱者」に二極化しつつある。
あなたは「リモート強者」か?「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。「Google 最高位パートナー」の平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する最高位の肩書(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』(11/25刊)で、大胆にもGoogleの70近いアプリを「10」に厳選。「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開した。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)も「こんな使い方、あったのか」と絶賛するノウハウとはどんなものか(12/11リードフォーアクション主催の「読書会」案内はこちら)。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

Google 最高位パートナーが教える<br />9割の人が知らない<br />Google を使い倒す秘訣Photo: Adobe Stock

★質問
 Google を使い倒すにはどうすればいいですか?

 Google は検索も地図もメールも使っています。

 ですが、 Google を使い倒せているか? と言われたら、自信を持って「はい」とはいえません。

 まだまだ知らないことがありそうです。

 もしかして、自分は何か大きな損をしているのでしょうか?

 しかし、何をどう勉強すればいいのかわかりません。

☆解答
 Google で生産性を劇的向上するには「マルチアプリ・マルチユース」がおすすめ!

 Google の検索や地図、メールを使いこなせているならば、あなたは「リモート強者」への道をすでに踏み出せています。

 とはいえ、 Google の威力はそんなものではありません。

 なぜなら、あなたはGoogleのアプリやサービスを自分ひとりのためだけに使っているからです。

 たとえば、 Gmail というアプリ単体を一人で使ってませんか?

 この「シングルアプリ・シングルユース」では、実は Google 本来の効果がまったく発揮されません。

 今までとはまったく違う方法を実践してください。

 ズバリ、複数のアプリを組み合わせ、関係者全員で使う「マルチアプリ・マルチユース」です。

◎いくつかのアプリを連携させて使う
◎1つのアプリを大勢で使う

 この2つを実践してこそ、Google のモンスター的な破壊力、10倍馬力を発動できるのです。

 なぜ、「マルチアプリ・マルチユース」が効果的なのでしょうか?

 それは、「行ったり来たり」に段差がなくなるからです。

 これまで、1つの業務を完了するのに必要な「行ったり来たり」は、オフィスへの通勤、取引先や顧客先への訪問、会議室への移動、メールや郵便でのやりとり…と物理的に発生していました。

 そのため時間も労力もかかっていました。

 それが、ウェブだけですべてのやりとりが完結できたら、どれほど生産性が向上するでしょうか?

 WEB会議アプリ、文書作成アプリ、ファイル保管アプリといったクラウドアプリを使って、「行ったり来たり」を完了すれば、それまで必要だった時間と手間は10分の1以下になります。

 Google ならそれを実現できます。

 なぜでしょうか?

 仕事に使える Google のアプリ群、いくつあるかご存じでしょうか?

 20を使いこなせていれば、相当の「リモート強者」ですが、コミュニケーションでは3つ、コラボレーションで3つ、マネジメントで3つ、合計たった9つのアプリを組み合わせて使いこなせれば、それだけであなたの生産性は劇的に変化するでしょう。

 今回、『Google式10Xリモート仕事術』で、これまで誰も教えてくれなかった使い方を解説しました。ぜひご活用ください。

平塚知真子(Chimako Hiratsuka)
Google 最高位パートナー/イーディーエル株式会社代表取締役
Google が授与する最高位の肩書(Google 認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。数時間でITスキルを劇的に引き上げる指導に定評があり、教育分野において Google から絶大な信頼を得ている。早稲田大学第一文学部(教育学専修)卒。筑波大学大学院教育研究科修了(教育学修士)。筑波大学大学院非常勤講師。アルマ・クリエイション株式会社主催「クロスセクター・リーダーズアワード」2年連続最優秀MVP(2019年、2020年)。常陽銀行主催第3回常陽ビジネスアワード「ウーマノミクス賞」379プラン中第2位(2015年)。出版社勤務を経て専業主婦になるも、学習欲が高じて大学院に進学。在学中に事業欲が高まり、IT教育会社を起業し、現在に至る。「日本に最高のITスキルを伝え、広める」を信条に、教育関連者やビジネスパーソンへ最新のITおよびクラウドスキルを指導中。パソコンやタブレットを四六時中見ているため、月に1回はデジタル断捨離し、温泉をめぐることが趣味。1968年生まれ。夫と1男1女。茨城県つくば市在住。本書が初の単著。