スティーブン・ムニューシン米財務長官は19日、米連邦準備制度理事会(FRB)と共同で立ち上げた一部の緊急融資プログラムについて、期限となる12月31日以降は延長しない方針を示した。  ムニューシン氏によると、FRBによる地方自治体向け融資、中小企業向けの「メインストリート融資制度(MSLP)」などは延長されない。    パウエルFRB議長は17日、これらのプログラムを延長しないのは適切ではないとの考えを示唆していた。