Photo:PIXTA

1位は昨年に続き東北電力、
地銀の存在感はいまだ健在

 今回は、上場企業の有価証券報告書に記載された平均年収のデータを使って、「北海道・東北地方で年収が高い会社ランキング2020」をお届けする。対象は、北海道・東北地方に本社を置く上場企業で、単体従業員数20人未満の企業は除外している。

 1位は東北電力(宮城県仙台市)で、2020年3月期の平均年収は773.8万円。昨年8月の「年収が高い会社ランキング2019北海道・東北地方」でも1位だったが、今年もトップを守り切った。単体の従業員数は1万2531人で、北海道・東北地方の上場企業の中では、最大の人数を誇る。東日本大震災後、同社のステータスは以前より下がったものの、雇用の受け皿としての力や社員の待遇は、今も北海道・東北地方で圧倒的な存在感を誇っている。

 2位は七十七銀行(宮城県仙台市)。平均年収が703.9万円で、名門地銀の底力を見せつけた。

 トップ10にランクインした銀行は、ほかにも3行ある。8位の岩手銀行(岩手県盛岡市)は647.5万円、9位の北洋銀行(北海道札幌市)は646.8万円、10位秋田銀行(秋田県秋田市)は634.3万円だった。東北地方は全国で最も人口減少が激しく、厳しい経営環境ではあるが、地銀の強さはこの地域において健在のようだ。

 3位は北海道電力(北海道札幌市)で、699.9万円だった。過去3年は700万円台を維持していたが、今年は600万円台に下がってしまった。ただ、従業員数は5216名で、東北電力に次ぐ規模の大きさだ。地方で大勢の社員を雇い、しかも高い給与水準を維持できている大手電力には、まだまだ地元でやる気と能力のある若者を引き付ける力があるといえる。