日本銀行
Photo:PIXTA

 日本銀行が経営効率の改善や統合を決めた地方銀行や信用金庫に利子の形で資金を出す「特別付利制度」を始める。

 地域の金融機関の経営改善を進めて金融仲介機能の強化することが地方経済の活性化につながるという名目だが、個別の金融機関に対する補助金に近い性格を持つ。

 物価安定などマクロ政策を主に担う中央銀行が異例ともいえる政策にいまなぜ踏み出すのか。

 市場や官邸への隠れたメッセージが込められているようだ。

経営改善の地銀や信金対象に
日銀当座預金に「特別付利」

 新制度は全国の地銀や信金を対象に2022年度までの3年間の時限措置で行われる。