◎ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円!
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分目狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブルとして、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

投資 成功
Photo: Adobe Stock

伸びしろを予測して
10倍株(テンバガー)へ成長!

今度は、私が投資した実例をベースに、会社の伸びしろを予測してみましょう。

2018年に投資した医療情報サイトを運営する東証マザーズ上場「メドピア」(6095)です。

このときは東証1部上場の業界トップ「エムスリー」(2413)という会社と比べました。2社の比較は、次の通りです(2018年2月時点)。

●メドピア(6095)
時価総額:81億円
売上:20億円
純利益:2億円

●エムスリー(2413)
時価総額:1兆3441億円
売上:994億円
純利益:195億円

業界トップのエムスリーと投資対象のメドピアを比べると、時価総額で160倍以上もの開きがあります。これだけでもメドピアに投資したいと思うくらい、未来の可能性を感じます。

売上は約50倍、純利益は約100倍の開きがあり、いずれにしても桁が1つか2つ違う次元での成長性を感じます。

この差がなにを意味するかというと、投資対象のメドピアが業界トップのエムスリーからシェア10%でも奪うことができたら、時価総額(株価)が10倍になるということです。

シェア10%を奪うのは難しくても、シェア1%でも奪えれば時価総額は2倍になる計算です。

さらに医療関連の情報サイトは、今後も市場が拡大していくと考えられます。もちろん、メドピアの経営陣・事業内容・商品などが素晴らしいという前提もありますが、このような観点から実際に投資しました。

そして、約2年6ヵ月後に株価10倍超のテンバガーへと大きな成長を遂げました。