「こんまり」こと近藤麻理恵は、今や「片づけ」プロフェッショナルとして、世界で最も知られる日本人の一人となりました。麻理恵さんの世界進出の戦略を手掛けてきたのがプロデューサーであり夫でもある私、川原卓巳でした。日本で活動していた彼女が、どのような流れで世界を舞台に活躍することになったのか。
初めて書き下ろした書籍『Be Yourself』では、麻理恵さんと二人で歩いてきた「自分らしく輝く」ための道のりをご紹介しています。特別なスキルや努力は必要ありません。あなたが、あなたらしく戻ること。そのためのステップをまとめました。本記事では具体的に、あなたがあなたらしく輝くためのメソッドをご紹介します。(構成:宮本恵理子)

Photo by 竹井俊晴

自己表現を始めよう

 本来の自分らしい姿に戻って、自分の活かし方が少しずつ見えてきて、情報の受信者として感度を高めたら、いよいよあなた本来の魅力をもっとたくさんの人に知ってもらうために、発信する段階に入ります。

 人を振り向かせるのは、やっぱり情熱。

 最初は自分の内側にある「好き」「楽しい」「やってみたい」を見つけることから始まったあなた自身の探求も、いろんな情報を得て、いろんな人と出会っていくうちに、もっと外に発信したいと考えるようになってきているはずです。

 その気持ちを、そのまま表現するだけでいいんです。

 今、あなたが大切に思っていることは何か。

 これから、何がしたいのか。

 自分のできることの中で、何を世界に役立てたいのか。

 どんな未来を引き寄せたいのか。

 遠くまで伝わるように表現して、発信してみましょう。

 その時のポイントは、最初から完璧を求めないこと。まずは発信するだけでオーケー。それってすごいことです。だから、まずはハードルをグーンと下げておくこと。それだけでも発信する負担が大幅に小さくなります。

 あなたのまま、素直に発信していると、それを好きだと言ってくれる人が集まってきます。仲間づくりの方法はあらためてじっくりお伝えします。