累計38万部超のベストセラー『餃子屋と高級フレンチ』シリーズでおなじみの著者・林 總氏の最新刊『たった10日で決算書がプロ並みに読めるようになる! 会計の教室』が9月29日にダイヤモンド社から発売になりました。本連載では、同書の中から抜粋して決算書を読み解くために必要な基本の知識をお伝えしていきます。登場人物は、林教授と生徒の川村カノンの2人。知識ゼロから始めて、いかにして決算書を読み解くスキルを身につけていくのか? 川村カノンになったつもりで、本連載にお付き合いください。

Photo: Adobe Stock

経営者の能力を見抜くには?

林教授 貸借対照表を見れば経営者の能力を判断できる、と言ったら信じるかね。

カノン それってすごいですね。でも、本当にできるのですか?

林教授 それができるんだよ。ROA(アールオーエー)がわかればね。

カノン ROA? たぶん複雑な計算なんでしょうね。

林教授 それが違うんだな。期間利益を総資産で割るだけだからね。

カノン それだけですか?

林教授 算数ではないから、計算が正しければそれでおしまい、というわけではない。肝心なことは、数字の背後にある事実をえぐり出すことだ。そこが見えてくれば経営者がどのような経営をしているかがわかる。

カノン この私にもわかりますか?

林教授 もちろんだよ、ボクが教えた知識をつなぎ合わせるだけのことだ。

カノン ちょっと安心しました。でも、どの期間利益を使うのですか?

林教授 会社全体の正常な収益力という意味では経常利益がいいだろう。だが、1年間で増加する富の大きさを重視するなら税引き後当期純利益だ。ボクは後者をすすめる。以下が計算式だ。