40歳を目前にして会社を辞め、一生懸命生きることをやめた韓国人著者のエッセイが、日韓で累計40万部のベストセラーとなっている。『あやうく一生懸命生きるところだった』という本だ。2020年の「日本タイトルだけ大賞」で大賞を受賞したインパクトあるタイトルに加え、その内容にも「心が軽くなった」「読んで救われた」「人生のモヤモヤが晴れた」と共感・絶賛の声が相次いでいる。
そんなベストセラーエッセイの待望の続編『今日も言い訳しながら生きてます』が1月27日に発売となった。今作もまた、「人間関係は二の次でいい」「結婚は義務ではなく選択」「競争しないのも一つの選択肢」「友達は少ないに限るよ」など、肩から力が抜け、心が軽くなる金言であふれている。今回は、そんな本書の内容を抜粋して紹介していく。

こんな不幸が降り注ぐことなんて……あるよね~

 思いもよらなかった不幸を前にして、僕らはこう叫ぶ。

「どうしてこんな不幸が僕に降りかかるの?」
「こんなことを私にするなんてひどい!」
「どうしてこんなことが!」

 しかし冷静に考えてみれば、絶対に起きないことなんてない。すべて起こりえることだ。

 だから「どうか不幸が起こりませんように」と祈ったり、注意したりすることはできても、その不幸が現実に起こってしまうことを僕らは避けられない。予想できなかった事故のように、迫ってくる。

 そんな事故をどういう心境で受けとめたらいいのだろう? 望みもしなかった人生と不幸を。

 そんなときこそ、この言葉だ。

 あるよね~。
 あるよね。
 あるある。

 ほんの少し心が軽くなるはずだ。

(本原稿は、ハ・ワン著、岡崎暢子訳『今日も言い訳しながら生きてます』の内容を抜粋・編集したものです)