「年齢を重ねる」ということをつい、ネガティブに捉えてしまってはいませんか?
実は、年齢を重ねたからこそ、失敗と成功の経験を重ねて、わかるようになったことが増え、本当の自分らしさを十分に発揮できるようになるものです。
そんな経験豊かな余裕ある大人として、いくつになっても自信をもって楽しく軽やかに生きていくための秘訣を、大手アパレル企業に16年間勤務した経験を持ち、現在はファッションブロガー、大人気ユーチューバー、ファッションプロデューサー・ディレクターなどとして活躍しているミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんが実感をもって伝えます。
本連載は、ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの最新刊『どうせなら歳は素敵に重ねたい』から再構成したものです。

家で着るものは
肌、目、心が喜ぶものを

ミランダかあちゃん/輪湖もなみ
ファッションプロデューサー・ディレクター、YouTuber、ワードローブコンサルタント
有限会社モナミアンドケイ代表取締役社長
大手アパレル企業に16年間勤務し、専門店販売指導、店舗管理に携わった後、独立。アパレル業界での豊富な経験と知識をもとにした理論的な切り口と、提案するコーディネートの実践のしやすさが大人女性に支持され、ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は月間300万PVを達成、YouTube「ミランダかあちゃんねる」は総再生回数1400万回を突破した。大人世代向けファッションブランド「JUST JOY」、リメイクブランド「STYLE04」のブランドプロデュースと運営の他、ファッション誌への執筆もおこなっている。
撮影:伊藤 翔

人は服の素材にとても影響を受けるものだと、お客様の表情を見ていて感じることがあります。

柔らかくてしっとりした肌触りのカシミヤコートを試着すると、まるでスイーツを食べたときのように、うっとりと柔和で優しい表情になりますし、強いハリ感のどっしりしたトレンチコートが両肩にのると、きりりと引き締まった表情になります。同じ「満足」でも、表情はまったく違うのだから驚きです。

人は五感を持つ生き物。肌に触れる服の「触感」に、心も影響を受けるものなのです。妙にチクチクするニットを着てイライラした気分になったこと、あなたもありませんか?

私がリラックスすると感じるのは、分厚いオックスフォード地やブロード地のシャツが洗濯を重ねてクタッとしてきたり、リネンを着込んで表面が柔らかく毛羽立ってきた頃の風合いです。

あなたにも、新品と洗濯を繰り返した後の触感、その両方が好き、心地よい、という素材があれば、ぜひ確かめておいてリピートしてみましょう。

もう1つ私がおすすめしたいのは、家の中でこそ、大好きな色、着てみたかった色、気分が上がる色を着て、自分の目を喜ばせることです。

「誰も見てないからいいわ」じゃなくて、誰も見ていないからこそ、ピンとくる色を自由に選んで着るチャンスではありませんか。

私が大好きなコム デ ギャルソンのカーディガン。同じタイプを何枚か持っていますが、色が鮮やかで見るたびに明るい気分になれる赤は、家やご近所で着ることが多いです。

家の中こそ、元気の出る赤いカーディガンで気分を上げて。
ゆったりサイズのカーディガンに、ウエストゴムパンツで、動きやすく快適です。
撮影:伊藤 翔

家で着るものこそ、自分の肌と目が喜ぶものを。

誰のためでもなく、自分の心を喜ばせましょう。

ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの「ミランダかあちゃんねる」はこちら