「年齢を重ねる」ということをつい、ネガティブに捉えてしまってはいませんか?
実は、年齢を重ねたからこそ、失敗と成功の経験を重ねて、わかるようになったことが増え、本当の自分らしさを十分に発揮できるようになるものです。
そんな経験豊かな余裕ある大人として、いくつになっても自信をもって楽しく軽やかに生きていくための秘訣を、大手アパレル企業に16年間勤務した経験を持ち、現在はファッションブロガー、大人気ユーチューバー、ファッションプロデューサー・ディレクターなどとして活躍しているミランダかあちゃんこと輪湖もなみさんが実感をもって伝えます。
本連載は、ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの最新刊『どうせなら歳は素敵に重ねたい』から再構成したものです。

大人ならではの引き算コーデとは?

ミランダかあちゃん/輪湖もなみ
ファッションプロデューサー・ディレクター、YouTuber、ワードローブコンサルタント
有限会社モナミアンドケイ代表取締役社長
大手アパレル企業に16年間勤務し、専門店販売指導、店舗管理に携わった後、独立。アパレル業界での豊富な経験と知識をもとにした理論的な切り口と、提案するコーディネートの実践のしやすさが大人女性に支持され、ブログ「ミランダかあちゃんのスタイルレシピ」は月間300万PVを達成、YouTube「ミランダかあちゃんねる」は総再生回数1400万回を突破した。大人世代向けファッションブランド「JUST JOY」、リメイクブランド「STYLE04」のブランドプロデュースと運営の他、ファッション誌への執筆もおこなっている。
撮影:伊藤 翔

私が16年間アパレル企業で仕事をしてきて、いつも感じていたことがあります。

お店のマネキンにディスプレイをしていると、服を着せただけでは何か物足りないので、帽子やアクセサリーを2つ3つ足すことになるのですが、同じものをお客様が試着すると(特に大人女性が着ると)、何か1つを外してちょうどいいと感じることが多かったのです。

その人の持っているオーラがアクセサリーがわり。パーソナリティーが確立してくる大人世代は、ごちゃごちゃ飾り立てる必要がないのだなあ、ということを、リアルにお客様から教えていただきました。

大人のおしゃれは、足し算より引き算です。ただし、どこか1ヵ所に「華」が必要です。

例えば、大きなウィンドウディスプレイで3体のマネキンに服を着せる場合、真ん中のマネキンは特に目立つ色や柄や光り物を入れて、人の視線がとまる見せ場を作ります。

映画のポスターで主役1人と脇役の2人計3人で写真を撮るのなら、主役に目がいく構図にしますよね。人が引きつけられるものは、必ず「ここを見てください!」と訴えかける「フォーカスポイント」があるものなのです。

服のコーディネートを考えるときは、「デザイン」「カラー」「素材」のうち、どれかでパッと目を引くものを使ったら、それ以外は潔く引き算するとうまくいきます。

特徴のあるデザイン、目立つ色柄、光る派手な素材を1ヵ所使ったら、あとは抑えめにするということですね。そうすることで一層主役が引き立ち、「何を言いたいかが一目でわかる」コーディネートが完成します。

華やかなフラワープリントを主役に。
イエローのフラワープリントにパッと目がいくシャツ。華やかで大胆なプリント柄を着こなすコツは、その他は渋く抑えめにすること。

逆に、引き算しただけで何も目を引くものがないと、ただ地味でパッとしない人になってしまいますのでご注意を。

まずは引き算でシンプルな土台を作り、プラスワンで華を足しましょう。

ミランダかあちゃん/輪湖もなみさんの「ミランダかあちゃんねる」はこちら