たくさん服はあるのに、今日着る服がないのは、あなたが服を持ちすぎているからかも?
新しい服を買うのをやめて、手持ちの服だけで過ごしてみると、意外と定期的に買い続けなくてもおしゃれはできるということが分かってきます。NYで話題の必要最小限の、確実に着る服だけのワードローブのつくり方「プロジェクト333」を紹介した書籍『もう、服は買わない』が2020年12月16日に発売。今回はその中から、新しい服を買っても満足できない理由の一つをご紹介します。

服は、何も解決してくれない

Photo: Adobe Stock

かつての私は着ている服で自信を得ようとしていました。われながらイヤになりますが、以前の私は「好印象を与える」ために服を選んでいたのです。自分が本当に着たいと思っている服や、こんなものがふさわしいと思っているアイテムではなく、人から期待されていそうな服、人に感心してもらえそうな服、私の役割にふさわしいと思ってもらえそうな服を優先していました。

ところが、「3ヵ月33アイテムで過ごす」ようになってから、真の自信は外見からくるものではないことに気づいたのです。デキる女に見せるためのハイヒール、セクシーだと思われるための新しいワンピース、自信を持ってプレゼンに臨むための新しいジャケット……。そういったものに自信を持ってはなりません。ありのままの自分に自信を持つのです。

「より少ない」服で過ごすようになれば、自然と自信が持てるようになります。今すぐ「服を買うのをやめる」ことも、「服を減らす」こともまだできそうにないという方も、とにかく「より少ない」ワードローブの実現に向かって小さな一歩を踏み出してみましょう。少しずつ積み重ねていくからこそ、自信が生じてくるのですから。

『もう、服は買わない』では、「3ヵ月33アイテムで過ごす」ための服の減らし方、必要最低限のワードローブのつくり方、無駄買いや衝動買いを防ぐ方法などたくさんご紹介しています。「服はたくさんあるけど、着る服がない!」「着ない服を手放して、身軽になりたい!」という方はぜひ参考にしてみてくださいね。