会津産有機栽培五百万石のみで醸す
山廃仕込みの生の酒

9代目の白井栄一さん
9代目の白井栄一さん Photo by Yohko Yamamoto

「風通しが良いと稲は病気に強く、何事にも縁起が良い。追い風だともっと良い(笑)」と白井酒造店の9代目の白井栄一さん。

 蔵が立つ会津美里町は会津盆地の南端、優良米の産地で豪雪地帯だ。山間部で昼夜の寒暖差があり、日照時間は長く、雪解けのきれいな水が豊富。近くには博士山を源とする宮川が流れる。農家は研究熱心な人が多い。

 栄一さんは、1994年に福島大学を卒業し実家の酒蔵に就職。だが、その直後に父が逝去してしまう。

 当時は地元用の酒「萬代芳」が主で、年々売り上げが減少。酒に特徴を出すには地元産の酒米だと閃き、農家を探すが見つからない。思い悩んでいるときに、有機栽培農家の児島徳夫さんと知り合う。

 児島さんは元英語教師で環境運動から農業の道へ進み、仲間たちと農業法人を運営。昔の『会津農書』に基づく循環農業を世界農業遺産に登録しようとしていた。そんな児島さんと意気投合し、酒米栽培を快諾してもらう。

 農薬や化学肥料に頼らない米作りと同様に、酒造りも余計な添加物は使わないと決め、山廃仕込みに挑戦した。

 そうしてできた酒が、地元会津産の有機栽培五百万石で醸す生酒「風が吹く」だ。

 季節によってラベルの色を替えて、2005年に販売すると口コミで徐々に広がり、15年以上たった今、全量の7割を占める主力商品に成長した。

 児島さんは若手農業塾も開催し、栄一さんは夏に農業を学ぶ若者たちに、冬は酒造りの場を提供。米から続く酒造りが土地の未来をつなぐと信じて。

風が吹く 山廃仕込 純米吟醸生酒 中取り
風が吹く 山廃仕込 純米吟醸生酒 中取り
●白井酒造店・福島県大沼郡会津美里町永井野中町1862●代表銘柄:風が吹く 純米大吟醸生原酒、同 山廃仕込純米吟醸、同 山廃仕込純米 中取り●杜氏:白井栄一●主要な米の品種:五百万石