セブンイレブンの「疑惑の商品」を買い漁った(著者撮影)

コンビニチェーンの王者として君臨するセブン-イレブンだが、ネット上である「疑惑」が持ち上がっている。商品の画像がアップされ、「ハリボテ」「詐欺」ではないかと取り沙汰されているのだ。セブン愛の強い筆者が、ごくごく個人的な印象にとどまる話にはなるが、一部商品を検証してみた。(フリーライター 武藤弘樹)

コンビニ戦国時代
独り勝ちのセブン-イレブンに不穏な影

 日本においてコンビニエンスストアは、人々の豊かな生活を保証してくれる、国の血肉のような存在である。コンビニチェーンには代表的なものがいくつかあるが、各社が発表したチェーン全店売上高(2020年2月期)を参考に見てみると、上位は下記の通りだ。

セブン-イレブン(以下「セブン」と略):約4.9兆円
ファミリーマート:約2.97兆円
ローソン:約2.51兆円

 日本のコンビニ業界は、これら主要3社による三国時代の様相を呈しているが、なんといっても頭一つ抜けているのがセブンである。近年コンビニの、とりわけセブンの食品類のおいしさは尋常でなく、下手な飲食店や専門店に匹敵、ともすれば凌駕(りょうが)するほどの味を備えているものも珍しくないほどになった。
 
 知り合いに「コンビニはセブン以外行かない」という人や「自分の体はセブンでできている」という人もいる。筆者自身も熱烈なファンとなり、いつしかセブンを呼ぶときだけ「セブンさん」と“さん”付けを欠かさないようになった。セブンの取り扱い商品に対する真摯な姿勢が、それくらいの畏敬の念を消費者に抱かせたのである。
 
 しかし、ここ最近SNSを中心に、「セブンの商品は詐欺だ」という話題が出回っている。これはいかなることか。

 セブン信者としては「まさかセブンさんがそんな」という思いだが、今回は「詐欺告発」投稿の真偽を自らの目で確かめ「本当にハリボテなのかどうか」を検証しつつ、今後セブンがどうなっていくのかを占ってみたい。