旭酒造株式會社社長の桜井氏とユダヤ人消費者
旭酒造株式會社社長の桜井氏とユダヤ人消費者 写真:旭酒造株式會社提供

「獺祭」で有名な旭酒造、南部美人、宝酒造、「八海山」の八海醸造など、日本酒の酒造会社が「コーシャ認証」(ユダヤ教の食事規定に従った加工食品に与えられる宗教上の認可)を相次いで取得している。その理由と背景とは。(イスラエル国立ヘブライ大学大学院・総合商社休職中社員 徳永勇樹)

日本酒メーカーが
相次いでコーシャ認証を取得

「コーシャ認証」とは、ユダヤ教の食事規定に従った加工食品に与えられる宗教上の認可だ。イスラム教徒の食事規定であるハラルに比べれば日本における知名度は劣るが、コーシャ食品はいまや米国をはじめとする世界の食品市場で中心的役割を担う。

 今、日本企業のコーシャ認証取得例が相次いでいる。

 特に、イスラム教とは異なりユダヤ教はアルコールの消費を禁じていないため、日本酒メーカーも認証取得に向け鼻息が荒い。

 実際、旭酒造・獺祭、南部美人、宝酒造、八海醸造・八海山、など国内で広く認知される酒類製造会社もコーシャ認証を取得済みだ。