◎大好評! シリーズ10万部突破!!
ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円!
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブルとして、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

家賃収入
Photo: Adobe Stock

自分が働かなくても
誰かを喜ばせる仕組みをつくる

「毎朝、目覚ましをかけずに起きたい」
「通勤電車なんて、もう乗りたくない」
「大学生の夏休みのような自由な時間が欲しい」

社会人の皆さんは、こんなふうに思ったことはありませんか?

コロナ禍で在宅勤務が増えたとはいえ、多くの会社員は、決められたルールの中で、決められた作業をしています。

会社が決めたことをやっていれば、ひとまず目先の給料はもらえるので、お金を得るためには会社で働いていればいいと漠然と思ってることでしょう。

しかし、そもそもお金を得るということは、「相手を喜ばせて、その見返りにお金をもらう」という行為です。

この定義に基づくと、「働かずにお金を得る」ということも見えてきます。

結論から言うと、自分自身が働かなくても、誰かを喜ばせる仕組みをつくることができれば、「自分が働かないでお金を得る=不労所得」が実現します。

つまり、自分自身が働かなくても、誰かが喜んでくれる仕組みや商品・サービスをつくるということです。