◎大好評! シリーズ10万部突破!!
ふつうの会社員でも10年あれば、気づいたときには1億円!
小型株は伸びしろが大きいわりに、目をつけている投資家が少ない。
それだけに、株価が何倍にも伸びる可能性をふんだんに秘めている。
大学時代に投資を始めた著者は、6~7年後に資産1億円を達成。
いまでは1銘柄だけでも億単位のリターンを得ている。
10万円から株式投資をスタートしたとしても、
収入から生活費を除いた分を追加して投資額を増やしていけば、
1年で資産100万~200万円は十分狙える。
すると銘柄の選択肢が広がり、資産を急角度で増やせる可能性がアップ。
資産1000万円くらいで壁にぶつかりがちだが、
この壁を突破すれば10万円を100万円、
100万円を1000万円に増やした感覚で“億り人”に近づける。
ベストセラー『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の刊行から1年。
『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円 実践バイブルとして、
小型株集中投資のテクニックを全公開!

リスク回避
Photo: Adobe Stock

投資は無意識のうちに
誰もがやっている

「株式投資は、どのタイミングで始めたらいいですか?」

これは投資未経験の人に、よく尋ねられる質問のひとつです。

不思議なもので、相場全体が右肩上がりのタイミングだと「いまから始めても遅すぎるんじゃないか」と思い、逆に相場全体が右肩下がりのタイミングだと「いま素人の自分が入っても勝てない」と思いがちです。

こうして投資を始めるタイミングに迷ってしまい、いつまで経っても始められない人がとても多いのです。

結論から言うと、投資は「思い立ったが吉日」、投資を始めようと決意したら、そう思った日を吉日として、すぐに取りかかるべきです。

投資とは始めたりやめたりする性質のものではなく、無意識のうちに誰もがやっていることです。

私たちは日常の生活でお金を扱っている限り、本人が意識しようがしまいが、つねに投資に関わっているのです。

投資をしていない人は、「投資はよくわからなくて怖いから、銀行にお金を預けている」とよく言いますが、銀行預金だって立派な投資です。

銀行は、あなたから預かったお金を全部大事に金庫に保管しているわけではありません。

預金を企業や個人に「又貸し」することで、「金利」という名の利益を得ているのです。

銀行は日本や、米国を中心とする海外の債権や株式を保有して運用しています。

これはつまり、銀行があなたの代わりに、あなたの預金を運用しているということになります。

銀行にお金を預けるという行為は、たとえ自分が意識していなくても「年間の金利が0.001%の銀行預金」という金融商品に投資をしていることに等しいのです。

問題は、多くの普通預金の利息が年0.001%しかないこと。

100万円を1年間銀行に預けて、もらえる金利はたったの10円ということですから、投資リターンとしては少なすぎます。