先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

Photo: Adobe Stock

「人の目」を通すことの効用

 本書で先に、欲望をはじめとする「自分ごと」からアイディアを考えるといいという話をしました。ただしこのとき重要なのは客観的な視点です。

 欲望から考えたアイディアは、不愉快だったり下品に思われる可能性があり、企画やイベントなど、世に出すアイディアを考えている際は、どこかのタイミングで一度立ち止まって客観視することが大切です。

 とくにわたしは、だいたい人と相談せずに一人で「無駄づくり」のアイディアを考えているので、公開する前に必ずアイディアを一度、冷静に見る時間を持つようにしています。

 アイディアを客観的に見るためには、実際に人に見てもらうのがいちばんです。

 もし、そういう相手がいなければ、年の離れた会社の部下や上司、性別が反対の相手など、身近にいる自分とは感覚が違う人の顔を思い浮かべてみてください。

「あの人はどう思うだろう?」と、少し想像してみるのです。笑うでしょうか、怒るでしょうか。

 そうやって想像力を働かせて他人の気持ちになってみると、誰かを不愉快にさせてしまうかもしれない要素や、もっとおもしろくできる方法が見えてきます。

「お金をせびれるマシーン」の失敗

 また、もう一つチェックしたいのが、「法に抵触していないか」です。なんだそれ、と思うかもしれませんが、アイディアがちょっとした犯罪になってしまうこともあるのです。

 以前、「お金をせびれるマシーン」をつくりました。ウィキペディアの寄付を募る広告に着想を得たものですが、友だちと話しているときに、それとなく寄付を募るメッセージを出すというものです。

『お金をせびれるマシーン』
友だちと話しているときにモーターを作動させると、それとなく寄付を募るメッセージが顔の前に降りてくる。(『考える術』より)

 つくって公開してから知ったのですが、これは軽犯罪法に違反する行為のようでした。

 軽犯罪法には「こじきをし、又はこじきをさせた者」は罰せられるとあるのですが、これに抵触してしまうようです。ただ、マシーンをつくって公開しただけで、実際にせびったわけではないのでセーフではありました。

 また、「小銭を拾うマシーン」をつくったことがありますが、小銭を拾う行為は「遺失物等横領罪」です。わたしは法に抵触しまくっています。

 最初から他人の視点を意識しすぎるとアイディアがありきたりなものになってしまいますが、こうしたリスクを避けたり、アイディアをさらにいいものにしたりするためには、最後には「他人の視点」を意識することも必要なのです。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)