Photo: Adobe Stock

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

自分の「欲望」はアイディアになる

 巨大な欲望から考えてみることで、自分の想像力を広げることができます。

 たとえば、漫画に出てくるヒーローやヒロイン、ドラマで見かける大金持ちの暮らしなどから「自分もこれやりたいな」と思う憧れがあったら、そこからアイディアを考えることができます。

・カンフー映画みたいに強くなりたい(でも実際は強くないから、「勝手に動き回ってくれるヌンチャク」をつくる)
・少女漫画みたいな恋をしたい(でも実際はそんな出会いはないから、「胸キュンシーンを再現してくれるロボット」をつくる)
・ドラマに出てくる天才物理学者みたいになりたい(でも実際は物理のことなんて何も知らないから、「考えごとをしているときに頭の上に数式を表示できるマシーン」をつくる)

 こうした非現実的な欲望も、いろんなアイディアのきっかけになるのです。わたしがやってみたいのは、「札束風呂」です。

 こんなことを現実的にできるお金はありません。というか、現にお金持ちでもこんなことをやる人はいないでしょう。現実にはできない理想をどうにか叶える方法を考えてみたい。

【考えてみる】少ないお金で「札束風呂」ができる方法を考えてみよう。

「札束風呂」には大量のお札が必要だけれど、残念ながらわたしの全財産をもってしてもちょっとした水たまりくらいにしかなりません。「札束水たまり」だと、めちゃくちゃ悲しい気持ちになります。ちゃんとお風呂レベルの水位までお札があるのを感じたい。

 そこで、プロジェクションマッピングを使ったらどうかと考えました。プロジェクターで水面にお札の画像を投影するのです。水がお札に見えて、ただのお湯なのに札束風呂に入っている気分になれます(下図参照)

『札束風呂プロジェクションマッピング』
プロジェクターによってお風呂の湯に札束の映像を投影し、札束風呂に見せる。自宅の小さな風呂に入りながら、大金持ちの気分を味わえる。(『考える術』より)

『考える術』では、こうして欲望から考えるワザのほかにも「逆を考える」「情報から考える」「短時間で考える」など、自分らしいアイディアを次々と生み出せる71のワザを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)