帝国ホテル「破格のサービスアパートメント」は最終兵器か、苦肉の策か
写真はイメージです Photo:PIXTA

帝国ホテルがホテルの客室を活用し、「サービスアパートメント」の事業を始める。画期的なプランは業界内外で話題となった一方で、老舗ホテルをもってしても苦しいコロナ禍の実情も透けて見える。サービスアパートメント事業には既に競合も存在するが、果たして帝国ホテルの新事業はそうした競合に勝ることができるのか。(プリンシプル・ホテルコンサルティング所長 中山晴史)

帝国ホテルのサービスアパートメント
1カ月36万円プランが即日完売

 2月1日に帝国ホテルがサービスアパートメントを開始すると発表した。この知らせが、業界並びに一般社会に与えたインパクトは相当大きかったようだ。もともとのPR上手もあってか、翌2日にはテレビのニュースでも取り上げられ、聞くところによるとほぼ半日で販売枠は完売したとか。

 さて、このサービスアパートメント、本当に既存のサービスアパートメント(以下、SA)とも伍することができる内容なのだろうか。

 具体的にはいくつかプランはあるが、ベーシックなものは1カ月30日で、税込み36万円。部屋の広さはスタジオツインと呼ばれるタイプで約30平方メートルとなっている。確かにここまで聞いても衝撃的だ。「あの帝国ホテル」に1日当たり税込み1万2000円で泊まれるわけなので、価格としてはここ30年くらいでは最安値の設定でないだろうか。