四大を出たわけでもない、コネもない、資格もない青年が、派遣社員として大企業に入社した。職種は、社員のコンピュータの不具合などをサポートする「ヘルプデスク」。そんな彼が、どんどん社内の有名人になり、ぶっちぎりの出世を繰り返し、わずか10年で巨大グループ企業の執行役員になってしまった。
遠い国の話ではない。日本で、しかもほんの数年前にあった本当の話である。いったい、どんなことをやったらそんな超高速スピード出世が可能になるのか?
『派遣で入った僕が、34歳で巨大グループ企業の役員になった小さな成功法則』(ダイヤモンド社)には、その秘密が詳細に書かれている。本書より、その超高速スピード出世物語の一部を紹介していこう。

コロナ リモート
Photo: Adobe Stock

派遣社員で大塚製薬のヘルプデスクに

大塚製薬で僕が就いた仕事は、「ITのヘルプデスク」という仕事。簡単に言うと、社員がコンピューターを使っていて、何か困ったことがあった時に、それを解決してあげる仕事だ。この仕事は、部署の垣根がなく、全社員と接することができる。会社全体が抱えている問題点も知ることができる。そこにチャンスがあるのではないかと、僕は内心思っていた。

正直、僕はアメリカでコンピューターを修理しまくった経験があったので、このヘルプデスクという仕事は楽勝だと確信していた。しかし、現実は、楽勝ではなかった......。

当時5000人以上いた社員の全てのコンピューターのトラブルや、他の社内システムに関する問い合わせの窓口として、僕を含めてたった4人で引き受けていたのだ。ひっきりなしに、朝から晩まで、次から次へと、尽きることなく依頼がやってくる。まさに、目の回るような忙しさだった。

しかも、その忙しさにやられて、ヘルプデスクに配属された他の派遣の人が、すぐに辞めてしまうのだ。そうなると次の人が補充されるまで、ただでさえ忙しいのが、もっと忙しくなってしまう。あまりにも働くので、僕も体調を崩し気味な日が続き、自分がどこにいるのかわからないぐらいだった。社会人をナメていた僕にとって、厳しい洗礼だった。

ただ、仕事にやりがいを感じられたことは幸せだった。このヘルプデスクという仕事は、困っている人を助ける仕事だ。トラブル解決後に、依頼者から「ありがとう」と言われると、「また頑張らねば」という気持ちが自然に湧いてくる。

大げさに言えば、瀕死のヒーローが、困った人のために、また立ち上がる感じ。むしろ、それだけのために頑張っていたと言ってもいい。

二宮英樹(にのみや・ひでき)
1979年徳島県生まれ。高校卒業後、ミュージシャンを目指して米国に渡るが挫折。2003年に帰国。大塚製薬株式会社に派遣のヘルプデスクとして入社。上海万博出展などに携わり、またグローバルIT組織構築をグローバルリーダーとして推進。大塚倉庫株式会社 執行役員IT担当を経て独立。N&A株式会社代表取締役、株式会社オリエント代表取締役。情報セキュリティ戦略構築、組織づくり支援、教育等、各種コンサルティングを提供。特に欧米の高度セキュリティ・ソフトウェア開発の人材ネットワークを構築、国内外の企業に情報セキュリティ関連サービスを提供。著書に『派遣で入った僕が、34歳で巨大グループ企業の役員になった小さな成功法則』(ダイヤモンド社)。

参考記事
派遣のヘルプデスクからたった10年で役員へ。
超高速スピード出世の秘密(1)