会議や商談に集中できないときでも(?!)「いかにも集中して見える」しぐさとは? 日頃なにげなくやってしまう「しぐさ」が相手に与える印象や、自分のイメージをも変えられるちょっとした「しぐさ」のポイントをまとめた、新刊『仕事のしぐさ図鑑 「デキる人」「残念な人」を決める50のポイント』より、今回は「集中している印象を与えるポーズ」を紹介します。

「ママ、頭痛?」のCMを思い出して

なんとなく、ぼーっとしてしまうとき(あるいは、周囲からよくそう指摘される人)、このポーズが役に立ちます。

こめかみに指を添えて…(イラスト:高栁浩太郎)

自分のさまざまな「見せ方」を知っていると、その場にふさわしいふるまいができるようになります。

この場合、イラストのようにこめかみに軽く指を添えて、視線をふっと斜め下の角度に止めます。すると、膨大な知識の中から必要なピンポイント情報を探しているような印象に。このポーズのまま話し始めるのもよいでしょう。

みなさん、いかがでしたか? このほかにも、新刊『仕事のしぐさ図鑑』では、海外でも活躍したパントマイムのプロであり、CGキャラクター作画のアドバイザーなども務める著者・荒木シゲルさんが、「デキる人」「残念な人」を分ける「しぐさ」の50のポイントをクスッと笑えるイラストとともに解説しているほか、特に印象を変えやすい手や顔の動かし方、自在に顔のパーツやカラダを動かせるようになるトレーニング方法などをご紹介しています。参考に見てみてくださいね。