日々の努力は「生きるための努力」であり、「自分を幸せにする努力」になっていない可能性が非常に高い(写真はイメージです) Photo:PIXTA

レビュー

「多くの人の日々の頑張りは、科学的に正しくない。」本書『99.9%は幸せの素人』はこんな衝撃的な一文から始まる。いったいどういう意味が込められているのだろうか? 著者によると、日々の努力は「生きるための努力」であり、「自分を幸せにする努力」になっていない可能性が非常に高いという。それは、私たちが「幸せになるための授業」を受けていないからだ。たしかに要約者が自身を省みても、スキルアップのための努力が幸せに寄与したかというと怪しい面がある。

『99.9%は幸せの素人』書影
『99.9%は幸せの素人』  星 渉、前野隆司著 KADOKAWA刊 1540円(税込)

 本書は、よくある「幸せの思い込み」を覆す新常識を授けてくれる。例えば、「一日一善」はよいことだといわれているが、それでは私たちは幸せを感じにくい。また、20代と60代の幸福度はほぼ同じで、80代のほうが20代より幸福度が高いというのだ。

 では幸せになるにはどうしたらいいのか。この疑問に対して、お金、結婚、仕事など、各方面から具体的な「行動レシピ」が散りばめられており、「やってみよう!」と読者の背中を押してくれる。

 本書は、『神メンタル』『神トーーク』で合計20万部を誇るビジネスコンサルタントの星渉氏と、「幸福学」の権威である慶應義塾大学大学院教授の前野隆司氏による共著だ。多くのクライアントをメンタル面から変えてきた星氏と、幸福について長年研究を続けてきた前野氏。その強力なタッグによって、わかりやすく説得力あふれる内容が展開される。コロナ禍で幸せの定義が変わりつつある中、改めて幸せとは何かを考えさせてくれる良書だ。(大島季子)