日本でよく見かける「お金」のジェスチャーが海外でNGの理由とは? 新型コロナウイルス蔓延の影響でパッタリと海外との行き来がなくなってしまいましたが、流行がおさまれば、またグローバルな人の往来が再開されるでしょう。日本にいながらにして、海外の方とコミュニケーションをとる機会も20年前と比べればずっと増えています。そんなときに相手に引かれてしまわないように、海外ではNGのしぐさを知っておきたいもの。今回は「お金」のジェスチャーについてです。

親指と人差し指で輪を作る

日本では「お金」を意味するこのポーズ、よく見かけますね。割と気軽に使う方も多いのではないでしょうか。

日本ではよくつかわれる「お金」のジェスチャー

しかし実は、西洋ではマスターベーションを意味して相手を侮辱するイメージなのです。

ちなみに西洋でお金を表すときは指先を合わせてシャカシャカするジェスチャーが使われます。

また、このまま手を立てて縦方向にすると、「OK」のジェスチャーになりますが、それもフランスやギリシャでは相手を侮辱する意味になるそうですから、普段から使わないようにするほうが無難でしょう。

みなさん、いかがでしたか? 新刊『仕事のしぐさ図鑑』では、ほかにも海外NGや懐かしの昭和に流行ったジェスチャーを紹介しています。海外でも活躍したパントマイムのプロであり、CGキャラクター作画のアドバイザーなども務める著者・荒木シゲルさんが、「デキる人」「残念な人」を分ける「しぐさ」の50のポイントのほか、特に印象を変えやすい手や顔の動かし方、自在に顔のパーツやカラダを動かせるようになるトレーニング方法などを解説していますので、参考に見てみてくださいね。