年金支給開始年齢が遅れることは覚悟しよう

 年金制度ができた頃のサラリーマンは、55歳で定年を迎え、10年ほど余生を楽しんで他界するのが普通だったのではなかろうか。

 そんな時にできた制度が人生100年時代にそのまま通用するはずがない。70歳まで働いて年金保険料を払い、70歳から年金を受け取る時代が来ると考える方が自然である。

 しかし、それを「政府による年金制度の改悪だ」と批判するのは筋が違うだろう。年金財政が苦しいのは、われわれが皆で長生きをするようになってしまったことが原因なのであるから、誰が総理大臣をやっても同じことである。

 そこで筆者は「波平基準」を提唱している。サザエさんの登場人物である磯野波平氏は54歳という設定だ。年金制度ができた頃の54歳というのは、波平氏のようなイメージだったのであろうから、波平氏より元気な高齢者は働こう、というわけである。

 当時、中卒の労働者を含めたサラリーマンは15歳から55歳まで40年間働いた。人生の半分以上は働いていたわけだ。それなのに、人生100年時代のわれわれが20歳から60歳まで40年間だけ働いて、20歳までと60歳以降の計60年間は他人に頼って悠々自適の生活を楽しもうと考えるのは、虫が良すぎるだろう。

 前回の拙稿で記したように、公的年金は老後の生活を支える最重要の存在である。したがって、これを大事にすることが老後資金を考える上で最重要だ。

 自営業者等は、自分で年金保険料を払わないと老後の年金が受け取れない。払うのを怠らないように、しっかり支払うようにしよう。

 サラリーマンは、年金保険料を天引きされてしまうので、払わないという選択肢はないが、それでも打てる手は少なくない。定年後も働いて厚生年金保険料を支払い続けること、公的年金の受け取り開始時期を通常の65歳ではなく70歳まで待つことで、毎回の年金受取額を42%増やすこと、配偶者が専業主婦であれば子育ての一段落後は働いて厚生年金に加入すること、などである。この辺りについては、別の機会に詳述する。

 本稿は、以上である。なお、本稿は筆者の個人的な見解であり、筆者の属する組織等々とは関係がない。