年収ランキング
写真はイメージです Photo:PIXTA

平均年齢30代で
平均年収3000万円台の企業とは?

 今回は、上場企業の有価証券報告書に記載された平均年収のデータを使って、「従業員の平均年齢が30代で年収の高い企業ランキング」を作成した。本社所在地はダイヤモンド社企業情報部調べ。単体の従業員数が20人未満の企業は除外している。対象期間は、2019年6月期~20年5月期。

 早速、ランキングを確認していこう。

 1位となったのはM&Aキャピタルパートナーズ。平均年収は3109.3万円で、ランキング唯一の3000万円台である。平均年齢は31.2歳で、平均年収800万円を超えた企業の中では、最も若い。

 業種は「サービス」で、中堅・中小企業をメインターゲットに、事業承継や譲渡を含むM&A(企業の合併・買収)の仲介サービスを手掛けている。

 従業員に対して業績評価型のインセンティブ制度などを充実させていることが高給の一因でもあるが、売上高の増減と連動して給料が変動しやすいという特徴がある。従業員にとっては一長一短といったところだろう。このランキングの調査期間に該当する第14期(2019年9月期)の売上高は、前年比57%増の125.9億円と好調だったため、従業員の年収にも強い追い風となっただろう。

 なお、今回のランキングには該当しないが、第15期(2020年9月期)の売上高はコロナ禍の影響もあって118.7億円に減収したため、従業員のインセンティブ賞与に響き、平均年収は2269.9万円だった。