コロナ感染者が増える中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷が決定。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

オンライン会議
Photo: Adobe Stock

質問
 Google のオンライン会議システムって、確かバーチャル背景、使えないんですよね?

 リモートワークで自室から会議に参加するのって、やっぱり背景がすごく気になります。

 確か、Google Meetってバーチャル背景が設定できなかった…ですよね。

 今後、アップデート予定ってありますか?

回答
 ご安心ください!
 Google Meetのバーチャル背景機能は、2020年秋に実装済!

 Google の猛烈な進化スピード、侮れませんよ。

 背景をぼかす機能だけでなく、今ではバーチャル背景にお気に入りの画像を追加することもできるようになりました。

 ただし、今のところ、デスクトップのブラウザ経由で Google Meetを使用している場合にのみ利用できます。

 このバーチャル背景、聞いたことがあっても、利用したことがない方も多いのではないでしょうか。

 Meetの場合、会議にアクセスしたら、画面右下にある縦3つの点[その他のオプション]アイコンをクリックして、「背景を変更」を選択します。画面右側に表示されるメニューから背景を選択できます。

背景を変更-1
背景を変更-2

 選択肢の1つをクリックすると、ビデオフィードにその背景が適用されますので、いくつか試してみましょう。気に入ったものが見つかったら、メニューの右上の[X]ボタンをクリックしてメニューを閉じ、会議に戻ります。

背景を少しぼかす
背景をぼかす

 背景をぼかす機能も2種類あります。

「背景を変更」のメニューにある[+]ボタンをクリックして、自分のPCに保存してある画像をアップロードすることもできます。

 解像度1080p(1920x1080ピクセル)のJPG形式かPNG形式の画像であれば、最高の状態で表示されます。

 ちなみに、文字が入っている場合逆さまに映りますが、相手にはちゃんと正しく表示されていますので、ご安心ください。

 最近、この背景画像を名刺のようにつくっている方もいらっしゃるようです。そうしたオリジナル画像の作成にオススメなサービスが、無料デザインツールのCanva(キャンバ)です。

 Webマーケティングに使える、美しいデザインとプロフェッショナルなテンプレートが豊富に用意されています。あらかじめ用意された画像をカスタマイズして、多種多様なバーチャル背景を誰でもカンタンに作成できます。そのまま使えるバーチャル背景のテンプレートを使えば、自社のロゴも挿入するだけで完成です。

 Canvaで、たとえば名刺風のバーチャル背景を作成し、Meetに設定してみてはいかがでしょう。学校の先生なら、Canvaで作成できる黒板風バーチャル背景もオススメですよ。

「Canva バーチャル背景」などのキーワードでぜひ Google 検索してみてください。

 Google のアプリをもっと楽しく、もっと有意義に使ってみませんか?

 知れば、あなたの能力は今すぐに10倍以上の劇的加速が実現します。

 新時代の働き方をいまから、無料で始めてみましょう。

 ぜひ、Google の便利さを拙著『Google 式10Xリモート仕事術』で実感してください(セミナー案内はこちら)。