「ほめる」が部下のモチベーションを上げるうえで、効果的な方法のひとつであることは、私も否定しません。ただ、前述したように、無意味に使いすぎては機能しないのです。それでは、いつほめるといいのでしょうか? 私からの提案は、あなたが本心から「ほめたい!」と思ったときだけにすればいいということです。

単にほめるのではなく
「相手の存在」を認めてあげる

 では、それ以外のときは部下に対して無反応でいいのかというと、もちろんそんなことはありません。部下のモチベーションアップには、要所要所で部下の承認欲求を満たすような、上司の言葉と態度が欠かせません。

 ここで、みなさんに日常的に使ってもらいたい「承認」について、解説しましょう。

 承認とは、簡単に言えば、「相手の存在」を認めることです。相手がそこにいること、相手が行動したこと、相手が発言したことなどを、「気づいているよ」「見ているよ」「聞いているよ」「受け取っているよ」としっかりと相手に言葉で伝えるのです。

 これが人間という存在のおもしろいところで、自分の存在や行為、発言といったものを相手に認めてもらえるだけで、承認欲求が満たされる傾向があります。

 ここからは承認には「ほめる」と違って、あなたの主観がさほど入らないというお話をしましょう。

 例えば、持ち物の財布を変えた相手に対して、「その財布、かわいいね」と言えば「ほめる」ことになります。「かわいい」というのが、あなたの主観による判断だからです。一方、「あれ、財布を変えたんだね」と言えば「承認」です。この場合は、相手の状態・状況についてふれただけで、あなたの主観による判断は入っていません。

 このように、承認の方が「ほめる」に比べて、はるかに中立的な表現として相手に届きます。そのため、上司の意図を忖度させることなく、部下のモチベーションを高めていくことができると考えています。