ノーベル生理学・医学賞を受賞した生物学者ポール・ナースの初の著書『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』が世界各国で話題沸騰となっており、いよいよ3月9日に日本でも発刊された。
ポール・ナースが、生物学について真剣に考え始めたきっかけは一羽の蝶だった。12歳か13歳のある春の日、ひらひらと庭の垣根を飛び越えた黄色い蝶の、複雑で、完璧に作られた姿を見て、著者は思った。生きているっていったいどういうことだろう? 生命って、なんなのだろう?
著者は旺盛な好奇心から生物の世界にのめり込み、生物学分野の最前線に立った。本書ではその経験をもとに、生物学の5つの重要な考え方をとりあげながら、生命の仕組みについての、はっきりとした見通しを、語りかけるようなやさしい文章で提示する。
養老孟司氏「生命とは何か。この疑問はだれでも一度は感じたことがあろう。本書は現代生物学の知見を十分に踏まえたうえで、その疑問に答えようとする。現代生物学の入門書、教科書としても使えると思う。」、池谷裕二氏「著名なノーベル賞学者が初めて著した本。それだけで瞠目すべきだが、初心者から専門家まで読者の間口が広く、期待をはるかに超える充実度だ。誠実にして大胆な生物学譚は、この歴史の中核を担った当事者にしか書けまい。」、更科功氏「近代科学四百年の集大成、時代の向こう側まで色褪せない新しい生命論だ。」、さらには、ブライアン・コックス(素粒子物理学者 マンチェスター大学教授)、シッダールタ・ムカジー(医師、がん研究者 コロンビア大学准教授)、アリス・ロバーツ(人類学者 バーミンガム大学教授)など、世界の第一人者から絶賛されている。発売たちまち5万部を突破した本書の発刊を記念して、内容の一部を特別に公開する。

Photo: Adobe Stock

脳をめぐる疑問の数々

 生命は全体として、粘り強く、長続きし、適応力に優れている。だが、個々の生命体は、寿命が限られ、環境変化に適応する能力にも限界がある。自然淘汰の出番はそこだ。古い体制を一掃し、集団の中に、もっとふさわしい変異型が存在すれば、その新しい世代に道を譲る。どうやら、死があるからこそ生命があるらしい。

 この自然淘汰という無慈悲な選別プロセスは、多くの予期せぬものを作り出した。なかでも最も並外れたものの一つが人間の脳だ。われわれが知る限り、自らの存在に、われわれとまったく同じように「気づいて」いる生き物は他に見当たらない。

 われわれの自意識を持った心は、少なくともある部分、世界の変化に合わせて行動する自由裁量のために進化したに違いない。蝶や、おそらくその他すべての既知の生き物と違って、われわれはやりたいことをじっくり検討し、意図的に選ぶことができる。

 脳は他のすべての生物と同じ化学特性と物理特性に基づいている。

 しかし、どういうわけか、彼らと同じ、比較的単純な分子と物理化学的な力から、考え、議論し、想像し、創造し、苦しむ能力が生じたのだ。こうしたものすべてが、どのようにしてわれわれの脳の「ウェットな化学」から出現するのか。途方もなく困難な疑問の数々が生まれる。

 われわれの神経系は、何十億もの神経細胞(ニューロン)が、何兆もの「シナプス」と呼ばれる結合を作る、恐ろしく複雑な相互作用に基づいている。複雑怪奇に入り組んで、常に変化し続ける、相互接続したニューロンのネットワークが、豊かな電気的情報の流れを伝達して処理することでシグナル伝達経路を確立する。

 生物学ではよくあることだが、われわれはこうした事実の大部分を、線虫やハエやネズミなどの、より単純な「モデル」生物の研究から得ている。こうした神経系が、感覚器官を通じて周囲の環境の情報を集める方法について、かなり多くのことが分かっている。