ノーベル生理学・医学賞を受賞した生物学者ポール・ナースの初の著書『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』が世界各国で話題沸騰となっており、いよいよ3月9日に日本でも発刊された。
ポール・ナースが、生物学について真剣に考え始めたきっかけは一羽の蝶だった。12歳か13歳のある春の日、ひらひらと庭の垣根を飛び越えた黄色い蝶の、複雑で、完璧に作られた姿を見て、著者は思った。生きているっていったいどういうことだろう? 生命って、なんなのだろう?
著者は旺盛な好奇心から生物の世界にのめり込み、生物学分野の最前線に立った。本書ではその経験をもとに、生物学の5つの重要な考え方をとりあげながら、生命の仕組みについての、はっきりとした見通しを、語りかけるようなやさしい文章で提示する。
養老孟司氏「生命とは何か。この疑問はだれでも一度は感じたことがあろう。本書は現代生物学の知見を十分に踏まえたうえで、その疑問に答えようとする。現代生物学の入門書、教科書としても使えると思う。」、池谷裕二氏「著名なノーベル賞学者が初めて著した本。それだけで瞠目すべきだが、初心者から専門家まで読者の間口が広く、期待をはるかに超える充実度だ。誠実にして大胆な生物学譚は、この歴史の中核を担った当事者にしか書けまい。」、更科功氏「近代科学四百年の集大成、時代の向こう側まで色褪せない新しい生命論だ。」、さらには、ブライアン・コックス(素粒子物理学者 マンチェスター大学教授)、シッダールタ・ムカジー(医師、がん研究者 コロンビア大学准教授)、アリス・ロバーツ(人類学者 バーミンガム大学教授)など、世界の第一人者から絶賛されている。本書の発刊を記念して、内容の一部を特別に公開する。

Photo: Adobe Stock

一羽の蝶との出合い

 一羽の蝶がきっかけで、私は生物学を真面目に考えるようになった。

 ある早春の日、たぶん一二歳か一三歳だったと思う。庭に座っていたら、黄色い蝶がひらひらと垣根をこえて飛んできた。その蝶は向きを変え、ほんのちょっとのあいだ、羽ばたきしながらその場に留まった。羽の上に、精緻に浮かび上がる血管や模様が見えた。次の瞬間、影がさすと、蝶はふたたび飛びたち、反対側の垣根の向こうへと消えていった。

 その複雑で完璧に作られた蝶の姿を見て、私は思った。自分とはまったく違うけれど、どことなく似ている。私と同じように、蝶はまぎれもなく生きている。動くことも感じることも反応することもできて、「目的」に向かっているように思われた。実に不思議だ。

 生きているっていったいどういうことなんだろう?
 生命って、なんなんだろう?

 私は人生を通じてこの問題を考えてきたが、満足のいく答えは簡単には見つからない。意外かもしれないが、生命についての標準的な定義などないのだ。それでも、科学者たちは年月をかけ、この問題と格闘してきた。

 本書の『WHAT IS LIFE?(ホワット・イズ・ライフ?)生命とは何か』という題名は、物理学者エルヴィン・シュレディンガーの著書へのオマージュだ。彼は一九四四年に同書を出版したが、その影響は大きかった。

 シュレディンガーは、生命のある重要な側面に焦点を当てていた。熱力学の第二法則によれば、つねに無秩序や混沌へと向かってゆく森羅万象の中で、生き物たちが、どうやって、こんなにも見事な秩序と均一性を何世代にもわたって保っていられるのか。これが大問題であることを、シュレディンガーは的確に捉えていた。彼は、世代間で忠実に受け継がれてゆく「遺伝」を理解することが鍵だと考えたのだ。

 この本で、私も同じ疑問を投げかけよう。

 生命とは何か?

 しかし、私は遺伝を読み解くこと「だけ」で完全な答えが得られるとは考えていない。私は生物学の五つの重要な考え方をとりあげる。そして、読者のみなさんと一緒に、その五つの階段を一段ずつ上っていって、生命の仕組みについての、はっきりとした見通しにたどりつくつもりだ。