婚活成功者続出! 難関幼稚園、名門小学校合格率95%!「にじみでる育ちのよさ」と本物の品が身につくと話題のマナー講師、諏内えみさんの最新刊『「育ちがいい人」だけが知っていること』。内容は、マナー講師として活動される中で、「先生、これはマナーではないのですが……」と、質問を受けることが多かった、明確なルールがないからこそ迷ってしまう、日常の何気ないシーンでの正しいふるまいを紹介したもの。
マナー本や、通常のマナースクールでは、ルールではないからと省かれ、個人の常識に委ねられていますが、正解がわからないともやもやしますし、自信を持ってふるまえません。
しかも、「育ちがでる」と言われてしまう部分ばかりですから、尚更気になりますよね! 今回はその中から、手土産に渡し方についてご紹介していきます。

Photo: Adobe Stock

マナー通りが、適切なふるまいか?と、常に考える

お祝い、お中元、お歳暮をお渡しするとき、目上の方のお宅に伺ったときなどの正式な場では、マナーに則ってふるまいたいですね。

手土産をお渡しするときは、紙袋ごとではなく、お品を袋から出してお渡しするのが正式なマナーです。

ただ状況にもよります。お渡しする場所がお店や廊下、外であったり、近くに従業員がいるビジネスシーン、また、相手がお急ぎの場合は、紙袋ごとお渡しするほうが適しています。

まずは、基本のマナーを知っている上で、その場に合わせたふるまいにシフトできることが、育ちがいいと感じさせる条件ではないでしょうか。

『「育ちがいい人」だけが知っていること』では、普段の生活の中で「育ち」が出てしまうポイントや、どうふるまうのが正解か?というリアルな例を250個も紹介しています。誰にも指摘されたことがないのに、実は「あの人は、育ちが……」なんて周囲の人から思われているとしたら、本当に恥ずかしいですよね!今さら聞けないことばかりですから、ぜひ参考にしてみてくださいね。