それでもリモート営業に抵抗のある方もいらっしゃると思います。

 しかし、訪問営業ができていた時代は過去のものです。もう「あの時代は戻ってこない」と、頭を切り替えた方がよいでしょう。「コロナ禍が落ち着いたら以前のように訪問営業ができるようになるだろう」などとは思わないことです。

 この先のことは誰にも分かりませんが、コロナ禍以前の日常に戻るかも知れないという淡い期待が、あなたがリモート営業をマスターして成長するための足かせになります。

 新しい時代に突入したと割り切って、リモート営業の習得と技術向上に没頭していただけたらと思います。リモート営業は一時しのぎのテクニックではなく、これから先もずっと使える素晴らしいノウハウなのです。

最も重要なのは顧客への心づかい
全てをリモート化する必要はない

 リモートでの面談を提案してもWeb会議システムの使用を嫌がるお客さまもいらっしゃると思います。モニターに顔を出すことに抵抗がある方は、シャイな日本人には特に多いようです。

 その場合は電話でいいと思います。

 資料を共有したい場合は、メールや郵送で事前に送っておいて、後日その資料を見ながら電話で商談を行えばよいのです。

 しかし、電話での対応があまり良いとはいえないお客さまもいらっしゃると思います。