弱いGDP回復力
写真はイメージです Photo:PIXTA

 日本の新型コロナウイルス感染状況は、欧米に比べれば軽い。また、失業率も欧米諸国ほど高まっていない。

 しかしGDP(国内総生産)で見ると、日本の落ち込みは米独より大きい。また、2021年の回復力も弱い。

 一方で中国は躍進を続けている。

 このままでは日本の国際的地位はコロナによって低下する。これを謙虚に受け止め、経済構造の改革を進める必要がある。

都市封鎖が続くヨーロッパは
コロナから立ち直れない?

 新型コロナウイルスの感染状況は国によって大きく異なる。

 中国は封じ込めに成功した。

 日本ではいまだに感染が収まらないが、欧米に比べれば軽度だ。

 欧米では変異株が猛威を奮っており、フランスやイタリアでは都市のロックダウンが続いている。経済活動も大きく落ち込んだ。

 報道を見ていると、フランスやイタリアではもはや経済が立ち直れないほどの状況になっているのではないかと思えてくる。