写真はイメージです Photo:PIXTA

若い女性が、経済的に余裕のある男性と食事などで一緒に時間を過ごして金銭を得る活動を、最近は“パパ活”というらしい。ただ、パパ活をする女性に焦点が当てられることはあっても、パパ側の気持ちが語られることはあまりない。パパ活沼にハマる男性の心理とはどのようなものか。パパ活沼から抜け出した男性に話を聞いた。(フリーライター 武藤弘樹)

“パパ活”が匂わせる悲哀
パパのゴールはどこにあるのか

“パパ活”という言葉は数年前から聞かれるようになり、2017年にはこのタイトルのドラマまで放送された。ドラマの方は未視聴だが、各所で伝え聞くパパ活においては明暗それぞれあるようだ。中には生活費や学費のため、やむなくパパ活を始める女性もいるという。利用する男性にとっても同様に有益なものなのであろう。

 筆者は「一緒に食事するだけで数万円を渡すなどして小娘を調子に乗せたくない」と思ってしまう吝嗇家(りんしょくか)なのでパパ活には否定的だが(理由は他にもたくさんあるが)、需要と供給が成立したからこそ生まれた闇のビジネスであり、闇のビジネスのくせに“パパ活”などと妙に柔らかい響きのネーミングになっているからまた不気味だ。

 パパ活のゴールはどこにあるのか。「若い女性とライトに食事するだけ」をゴールと割り切れるなら、男性自身に悲哀はほぼないかもしれない。

 しかし、「軽く食事をする」行為だけをゴールと定められる男性が、はたしてどれだけいるであろうか。食事のその先の、心や体のつながりを求めてしまうのが人のさがではないのか。金銭を媒介にビジネスライクでスタートした関係であるから、心が満たされる可能性は順当にいって低く(男性が一方的な自己満足に浸ることはできる)、金銭を対価として渡し、体を求めれば違法である(※売春防止法 第2、3条)。

 前置きが長くなったが、本稿はこのような主観を抱く筆者に一筋の光を感じさせてくれた“おじさんの成長の記録”である。

 あるパパが“パパ活”に出合い、ハマり、そしてその沼を抜け出したドキュメントだ。

変質していく結婚願望
己の欲求により忠実に

 Aさん(43歳男性)は結婚願望を持て余していたが、これまで縁なく独身のままであった。

 彼はマッチングアプリに登録して、結婚を前提にお付き合いできる女性を探すことにした。自分より年下の、38歳以下の女性を希望して数人会ったが、先方の結婚願望の強さに尻込みさせられることになった。その結果、「最初はもう少し肩の力を抜いたお付き合いから始めたい」と、ターゲットを比較的結婚を焦っていなさそうな年齢の20代女性を中心に改めた。