1日5分4週間で、顔、首、アンダーバスト、ウエスト、二の腕が、スッキリほっそり!
“ろっ骨美人”になると、すべてが動き出す!
運動不足や太りすぎでボディラインがくずれたと思ってダイエットしても、9割の人はスタイルがよくなりません。スマホやパソコンの影響に加えて、ステイホームやテレワークで前かがみの姿勢をとる時間が長くなったせいで、ろっ骨がゆがんでいる人がほとんどだからです。ろっ骨が傾いたり開いたりしていると、脂肪がなくても、ウエストはくびれることができません。
ボディメイクの達人・森拓郎最新刊『おうちで簡単くびれ作り リブトレ』では、自分で簡単に、ろっ骨を締めて正しい向きに矯正するストレッチとエクササイズを紹介しています。

Photo: Adobe Stock

ついやってしまうくせで、
ろっ骨がゆがんでしまう

ろっ骨がどこにあるかわかりますか? ブラの下をぐるりと一周、手でさわってみてください。ろっ骨を感じることができます。上半身の軸は背骨(脊椎)ですが、ろっ骨は上半身の要です。背骨は首に7個(頸椎)、背中に12個(胸椎)、腰に5個(腰椎)あり、骨盤内にも骨が積み重なっています。ろっ骨は背中にある背骨から1本1本つながって、カゴのような形をしています。

ろっ骨は「動かそう!」と思わなくても勝手に動くようにできています。ろっ骨とろっ骨の間にはすき間があり、筋肉がついています。呼吸をするたびに筋肉が動いて、ろっ骨を動かしているのです。ところが、肩を前にせり出してスマホを見続ける、ねこ背が染みついている、骨盤が後ろに倒れた状態でお腹をぐしゃっとつぶして長時間座っているなどすると、筋肉が無理な方向に引っ張られたりちぢこまったりして、ろっ骨をゆがめてしまいます。

ろっ骨の動きを取り戻して
くびれを復元しよう!

例えば、顔がゆるんであごがもたつくのは、首のすぐ下にあるろっ骨が詰まっているのが原因。背中に肉がつくのは、ろっ骨の動きが悪くなっているせいで肩甲骨が動きにくくなっているから。ウエストがくびれないのは、ろっ骨が前で開いているせいで腹筋が伸びてしまっているから。こり固まった筋肉や、自分ではいいと思っている姿勢が、ろっ骨の動きを妨げているのです。

とはいえ、ろっ骨は骨盤と違って動きやすい骨。簡単な動きで少しずつ本来の形に戻り、すっきりとしたボディラインが取り戻せます。

リブトレでは、ろっ骨を動かすのはもちろんのこと、姿勢を保つために必要な腹筋、ろっ骨につながっている鎖骨や肩甲骨、ちぢこまってしまっている首や肩まわりの筋肉からもアプローチしていきます。

ろっ骨を集中的に刺激するリブトレをすると、ろっ骨が顔やお腹を引っ張ってくれ、顔のたるみ、ウエストのくびれができて上半身がすっきり整います。むくみも解消し、呼吸が深くなって自律神経が整い、しつこかった肩こり・首こり、腰痛までよくなるのを実感できます。

本原稿は、森 拓郎著『おうちで簡単くびれ作り リブトレ』からの抜粋です。この本では、1日5分4週間で、気になる顔、首、アンダーバスト、ウエスト、二の腕がスッキリほっそり変わるエクササイズを紹介しています。リブトレで、これまでノーマークだったろっ骨を整えて、おうちで簡単にくびれボディを目指してみませんか?(次回へ続く)