1日5分4週間で、顔、首、アンダーバスト、ウエスト、二の腕が、スッキリほっそり!
“ろっ骨美人”になると、すべてが動き出す!
運動不足や太りすぎでボディラインがくずれたと思ってダイエットしても、9割の人はスタイルがよくなりません。スマホやパソコンの影響に加えて、ステイホームやテレワークで前かがみの姿勢をとる時間が長くなったせいで、ろっ骨がゆがんでいる人がほとんどだからです。ろっ骨が傾いたり開いたりしていると、脂肪がなくても、ウエストはくびれることができません。
ボディメイクの達人・森拓郎最新刊『おうちで簡単くびれ作り リブトレ』では、自分で簡単に、ろっ骨を締めて正しい向きに矯正するストレッチとエクササイズを紹介しています。

Photo: Adobe Stock

体重を減らさなくても
ボディラインは変わる!

ろっ骨と、ろっ骨につながる骨をあるべき場所に戻せば、姿勢も整い、体重を減らさなくてもボディラインはみるみる変わります。

どんなにダイエットしてもウエストがくびれない、背中の肉がブラに食い込む、首から肩にかけて肉がこんもり盛り上がっている、二の腕が太いまま……など、もったりとした上半身から抜け出せないのは、あなただけではありません。

私の知る限りほとんどの女性は、ろっ骨の位置がずれていたり、あるいはろっ骨につながっている腕や肩甲骨までがあるべき場所にありません。

スリム体型なのにバストの下でろっ骨が異様に目立つのが気になる人はいませんか?

これはろっ骨が必要以上に開いてしまっている状態です。

美リブになると見た目が劇的に変わる理由と、埋もれているくびれを掘り起こすためにするべきことを知ってください。

本原稿は、森 拓郎著『おうちで簡単くびれ作り リブトレ』からの抜粋です。この本では、1日5分4週間で、気になる顔、首、アンダーバスト、ウエスト、二の腕がスッキリほっそり変わるエクササイズを紹介しています。リブトレで、これまでノーマークだったろっ骨を整えて、おうちで簡単にくびれボディを目指してみませんか?(次回へ続く)