歯ぎしりを軽視してはいけません
歯ぎしりを軽視してはいけません(写真はイメージです) Photo:PIXTA

歯ぎしりの音は同室の睡眠同伴者(スリープパートナー)の睡眠を妨げることがあり、2人の間のトラブルにまで発展するケースもあります。健康な人でも疲れていると一晩に1回ぐらいの歯ぎしりはしますが、通常は10~15分程度で収まります。ところが常習の人は毎晩、1時間以上も続くので、スリープパートナーはうるさくてゆっくり休めないのです。睡眠中の歯ぎしりは無意識に起こる現象ですから、自分で治すことはできません。今回は歯ぎしりを解決する方法をご紹介します。(歯科医師、幸町歯科口腔外科医院院長 宮本日出)

歯ぎしりって
なんだろう?

 歯ぎしりは「ギシギシ」や「キリキリ」のように音を立てるものだと思われていますが、音を出さない歯ぎしりもあります。

◎歯ぎしりの種類
(1)グランディング:歯のこすり合わせ
上下の歯を左右に「ギシギシ」とこすり合せる一般的なタイプ。
(2)タッピング:歯を鳴らす
上下の歯を「カチンカチン」と素早くかみ合わすタイプ。
(3)クレンチング:歯の噛み締め
音はしないが、無意識に上下の歯を噛み締めるタイプ。

 歯ぎしりは上記のように3種類あり、専門的には「ブラキシズム」と呼ばれます。さらには寝ている時を「睡眠時ブラキシズム」、日中の起きているときを「覚醒時ブラキシズム」と分類しますが、本稿では「睡眠時ブラキシズム」について解説します。