半導体の救世主か、蘭ASMLが能力増強
Photo:VCG/gettyimages

――投資家向けコラム「ハード・オン・ザ・ストリート」

***

 新車を探し求めている人に朗報がある。マイクロチップ業界は目下の深刻な供給不足を解消するべく、予想以上の速さで奮起している。

 米インテルや台湾積体電路製造(TSMC)などへの半導体製造装置販売でアプライド・マテリアルズと競合するオランダのASMLは21日、2021年通期の成長予想を倍余りに引き上げ、22年へ向け生産能力を増強すると述べた。これは自社製品の製造に半導体を必要とする企業や、製品の到着を待つ消費者に安心感をもたらす動きだ。ASML株はこの日の取引で6%余り急伸した。