巣ごもり生活はいつ終わるのか? こうなったら志麻さんレシピで笑顔になるっきゃない。
連休後半こそ、いつもの冷蔵庫の食材が簡単! 贅沢レシピに大変身! もう献立に迷わない!
このたび「第13回ベストマザー賞2021」の「特別部門」を受賞し、またまた話題沸騰中の「伝説の家政婦」志麻さん。記念すべき処女作『志麻さんのプレミアムな作りおき』がついに21刷・17万部を突破。
さらに、『厨房から台所へ――志麻さんの思い出レシピ31』の勢いも止まらない。こちらは数ある志麻さん本でも初の“エッセイ風レシピ本”という新境地を開拓。
読売新聞書評で「20代の志麻さんは、傷だらけになっても走ろうとしていた。切なすぎて胸が痛い」「食べたものは体になり、心になり、人生をつくる」と東大教授に絶賛された。
レシピの背景にある波乱万丈のエピソードとともに、調理のコツも凝縮。ふだん家で食べたことのない「フランスのママン直伝のキッシュ」「梨リングフライ」「龍馬チョコレート」は絶品。
さらに、「母の手づくり餃子」「おばあちゃんのお煮しめ」「けんちょう(山口の郷土料理)」のなつかしの味から、「ゆで鶏のシュープレームソース」「豚肉のソテーシャルキュティエールソース」「子羊のナヴァラン」「ローストチキン」などのフランス家庭料理、「フォンダンショコラ」「カトリーヌ先生のそば粉のクレープ」などのデザート、志麻さんの息子お気に入りの「鶏手羽元のポトフ」まで、実に多彩なレシピがあるという。
「3時間で15品」など、これまでのイメージとはまったく違う志麻さんが、あなたの前に突如、出現するかもしれない。冷蔵庫にあるふつうの食材が、なぜ、ワンランク上の「簡単!贅沢レシピ」に変身するのか? これさえ覚えておけば、平日多忙なお父さんお母さんも、尊敬の眼差しを浴びるかもしれない。巣ごもりの今こそ、大人も子どもも大好きな「じゃがいものピュレの肉巻き」を志麻さんに紹介してもらおう。(撮影・三木麻奈)。――(こちらは2019年7月19日付け記事を再掲載したものです)

フランス人から学んだこと

【志麻さんGW特集】<br />大人も子どもも大好き!<br />伝説の家政婦・志麻さんの人気レシピ<br />「じゃがいものピュレの肉巻き」

 レストランの料理ではなく、家庭料理をつくりたかった私は、家政婦という仕事に巡り合えて本当によかったと思っています。

 家族や友人と気兼ねなく食べる楽しさは、レストランとはまた一味違うおいしさをもたらしてくれるものです。

 フランス料理を通じてフランス人から教わったことは、料理の技術だけではなく、食事を楽しむことや、つくることを楽しむということでした。
 調理師時代、がむしゃらに働いていた私は、家庭を持ったり子育てをするなんて想像すらできませんでした。