株式投資よりアパート1棟経営がFIRE(経済的自立と早期退職)への近道!
不動産投資を始めて5年、アパート7棟を保有、資産7億5000万円を築いた。目標は、40歳までに資産100億円を築くこと。経済が疲弊した愛着のある地元を自分の力で再生する資金作りのためだ。現在、年間家賃収入7000万円、年間キャッシュフロー(手元に残るお金)2000万円を得ている『元証券ウーマンが不動産投資で7億円』の著者が、知識ゼロから不動産投資で安定的に資産を増やせる方法を徹底指南する。
野村證券の社員だった20代の頃、不動産投資に目覚めた。仕事柄、株式投資のノウハウはあったものの、不動産投資はズブの素人。不動産投資に関する本を100冊以上読むところから始め、不動産会社を50社以上巡ったものの、不動産投資初心者の20代OLはナメられ、まともには相手にされなかった……。
その1年後、ついに運命の1棟目に出会う。4500万円を超える金融機関からの借入金にも、一切ためらいはなかった。ローンを抱える怖さより、「これでようやくスタートラインに立てた!」という興奮のほうがはるかに大きかった。それは不動産投資で成長できると思っていたから。
とんとん拍子で物件を増やしている凄腕ウーマンの「不動産投資で勝つ6つの力」を徹底解説。FIRE(経済的自立と早期退職)を果たした多くの人が展開している不動産投資の極意がわかる。

住宅Photo: Adobe Stock

自分の人生に新しい価値を
生み出すための投資

 不動産投資には、「区分(1部屋)所有」と「1棟所有」があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

 私自身は、現在所有する7棟すべてが「1棟所有」です。

 区分所有は1棟所有に比べると収益は少ないですが、少額からはじめやすいというメリットがあります。

 融資も受けやすく、比較的簡単にはじめられます。

 それだけに区分所有は、会社員としての収入にプラスアルファを生んでくれればいい、という理由で買っている人が多いです。

 もっとも、1部屋だけの区分所有の場合、その部屋が空室になったとき、「稼働率ゼロ」になって家賃収入がゼロになってしまうリスクがあります。

 その点、1棟所有は5室、10室と複数の部屋があるので、空室が1室生じても、あらかじめ空室を加味した稼働率を想定して資金繰りしていれば赤字にはなりにくいです。

 私のように大きな目的に向かって「億単位で資産形成したい人」「脱サラするために不動産投資を考えている人」には明らかに1棟所有が適しています。

区分所有と1棟所有のメリット・デメリット

 私の周りで1棟所有している不動産投資家たちも、それぞれ自分の目的を叶えたいというポジティブな動機から不動産投資をしているケースがほとんどです。

 もちろん、不動産投資をはじめる動機は人それぞれ。

 しかし、不動産投資はポジティブな理由ではじめたほうが、高いモチベーションで継続しやすいと思います。

「不動産投資とは、足りないものを埋めるための投資ではなく、自分の人生に新しい価値を生み出すための投資」

 こういうふうに考えると、選ぶべき手段も変わると思います。

 やはり、「なんのために不動産投資をしたいのか」という原点に立ち返ってじっくり考えると、自分にとって区分買いと1棟買いのどちらがベストか、判断がつくはずです。