糖尿病治療に朗報!「汗」で血糖値を測るシステムが開発中Photo:PIXTA

 糖尿病治療のために、痛みを伴う指先穿刺による血糖測定を行っている患者は少なくない。その痛みを、汗を検体として血糖値を測定するセンサーが解消してくれるかもしれない。そのような新しい血糖測定システムの開発状況を解説した、米カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)のJoseph Wang氏らの論文が、「ACS Sensors」に4月19日掲載された。同氏は、「穿刺を必要とせず、迅速かつ簡便な測定法であり、患者のコンプライアンス改善と糖尿病管理の強化につながるもの」と期待を語っている。

 開発中のこのシステムでは、汗に含まれる糖濃度を測定し、それを個別化されたアルゴリズムを用いて血糖値に換算する。実験によると、食事の前後の血糖値を95%以上の精度で測定できたという。もちろん、これが治療に用いられるようになるには、大規模な臨床試験で有用性が確認されなければならない。

 この研究に関与していない糖尿病専門医は、慎重な姿勢を保ちつつ期待を込めて推移を見守っている。その一人、米ノースカロライナ大学チャペルヒル校糖尿病センター長のJohn Buse氏は、「公開されたデータを見ると、このシステムには希望を託せるようだ」と述べている。