片頭痛持ちに朗報!スーパーで買える「あの食材」で症状が緩和する!?Photo:PIXTA

 マグロやサーモン、サバなどオメガ3脂肪酸を豊富に含む食品を摂取することで、片頭痛の頻度が減り、症状も緩和する可能性があることを示す研究結果が明らかになった。それに加えて、植物油からのオメガ6脂肪酸の摂取を避けると、片頭痛コントロールがさらに改善することも示されたという。米国立老化研究所のChristopher Ramsden氏らによるこの研究の詳細は、「The BMJ」に7月1日掲載された。

 この研究は、1カ月当たり5~20日の頻度で片頭痛発作が生じる182人(平均年齢38歳、女性88%)を対象にしたもの。対象者は、オメガ3脂肪酸〔エイコサペンタエン酸(EPA)とドコサヘキサエン酸(DHA)〕、およびオメガ6脂肪酸(リノール酸)の摂取量がそれぞれ異なる3つの食事パターンのいずれかを16週間にわたって摂取する群にランダムに割り付けられた。食事パターンの1つ目は、米国のオメガ3脂肪酸とリノール酸の平均摂取量(EPAとDHAの摂取量:150mg/日未満、リノール酸の摂取量:全カロリーの7.2%)を維持する群(対照群、60人)、2つ目は、DHAとEPAの摂取量を1.5g/日まで増やし、リノール酸の摂取量は全カロリーの7.2%を維持する群(介入群1、61人)、3つ目は、DHAとEPAの摂取量1.5g/日まで増やし、リノール酸の摂取量を全カロリーの1.8%以下にまで減らす群(介入群2、61人)である。頭痛が生活の質(QOL)に及ぼす影響を頭痛インパクトテスト(HIT)で評価するとともに、対象者が記録した電子日記から頭痛の頻度を毎日確認した。