アルコール摂取で新たにがんを発症、2020年に世界で74万人の衝撃Photo:PIXTA

 アルコール摂取が関連して、2020年に世界で74万人が新たにがんを発症したとする研究結果が発表された。この数値は、同年に新たに診断された全てのがんの4%に相当するという。世界保健機関(WHO)のがん対策専門組織である、国際がん研究機関(IARC、フランス)のHarriet Rumgay氏らの研究によるもので、詳細は「The Lancet Oncology」に7月13日掲載された。

 論文の筆頭著者であるRumgay氏はアルコール摂取の世界的な傾向について、「ヨーロッパ諸国では減少傾向にある一方で、中国やインドなどのアジアとサハラ以南のアフリカで増加傾向にある。さらに、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックによって、複数の国で飲酒者率が上昇したことを示すエビデンスがある」とし、パンデミック中に新たにアルコールを飲み始めた人がパンデミック終息後、習慣的飲酒者に移行してしまうことに懸念を表している。同氏によると、アルコール摂取によるがん発症リスクの上昇は個人レベルではそれほど大きいものではないが、社会全体で見ればがん患者の増加につながると考えられるとのことだ。

 Rumgay氏らはIARCのデータを解析し、アルコール摂取が発がんに関連しているとの十分なエビデンスのあるがんを特定した上で、国際的ながん統計である「GLOBOCAN2020」などの疫学データを用いて、アルコール摂取によるがん発症者数を推計した。