仕事、人間関係…周囲に気を使いながらがんばっているのに、なかなかうまくいかず、心をすり減らしている人も多いのではないだろうか。注意しているのに何度も同じミスをしてしまう、上司や同僚といつも折り合いが悪い、片付けが極端に苦手…。こうした生きづらさを抱えている人の中には、「能力が劣っているとか、怠けているわけではなく、本人の『特性』が原因の人もいる」と精神科医の本田秀夫氏は語る。
本田氏は1988年に東京大学医学部医学科を卒業。横浜市総合リハビリテーションセンターで20年にわたり発達障害の臨床と研究を重ね、現在は信州大学で臨床・教育・研究に従事している。2019年にはNHK『プロフェッショナル仕事の流儀』に出演して話題になった。
本田氏は、「生きづらさを感じている人は『苦手を克服する』ことよりも、『生きやすくなる方法をとる』ほうが、かえってうまくいくことも多い」と言う。
2021年9月に、本田氏が精神科医として30年以上のキャリアを通して見つめてきた「生きづらい人が自分らしくラクに生きられる方法」についてまとめた書籍、『「しなくていいこと」を決めると、人生が一気にラクになる』が発売となった。今回は特別に本書の中から、「体調不良になりやすい」という悩みについて、一部内容を抜粋、編集して紹介する。

「体調を壊しやすい…」。精神科医がすすめる、無理しすぎない働き方とはPhoto: Adobe Stock

「1日8時間働く」のが向いていない人もいる

 仕事は自分に合っていて、やっていて楽しい。「やりたいこと」だと感じる。

 会社も自分に合っている。プライベートな時間に休むようにもしている。それでも体力がついていかず、体調不良になりやすいという人もいます。

 仕事にやりがいを感じていて、ついがんばりすぎてしまう、その結果、風邪をひきやすく、いつも頭痛がする。休日はただ休んでいるだけであっという間に過ぎてしまい、休み明けに仕事が始まると、また体調が悪くなってしまう。慢性的に体調がすぐれない、という人も少なくないのではないでしょうか。

 世の中には、自分から「休みたい」と言えない人がいます。

「やりたい仕事に就けたんだから、体のことは二の次」「体調を崩すことがあっても、仕事をやり抜かなければ」などと考えてしまうのです。

 しかし、体調不良になりやすいということは、現時点の働き方が自分の体に合っていないということです。そのまま無理を続けていては、いつかつぶれてしまうかもしれません。そこまでがんばらなくてもいいはずです。

 体力は人それぞれちがいます。1日8時間働くと疲れてしまう人もいれば、もっと長く働いても元気いっぱいという人もいます。

 体力的に厳しいと感じているのなら、「この仕事はこういうものだから」「ほかの人もがんばっているんだから」などと考えて無理をするのはやめましょう。