オミクロン株が脅かす世界経済、見通しは買い物客でにぎわうニューヨークのホリデーマーケット Photo: Jeenah Moon for The Wall Street Journal

 新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」の出現による世界経済への影響は、おそらく軽微にとどまるとエコノミストは分析している。ただ、その度合いはウイルスの危険性に左右されるとみられている。

 観光業界はオミクロン株により打撃を受ける可能性が高く、外食や小売り産業にも影響が広がりそうだ。ただ、2020年3月に起きた最初のコロナ感染拡大や今夏流行したデルタ株と比べると、オミクロン株の脅威は深刻ではないだろうとエコノミストは話している。理由の一つは、新しい変異株が出現するたびに経済への影響が薄れていることだという。