スマートエイジングライフ
オトコを上げる食事塾 笠井奈津子
【第15回】 2012年12月10日
笠井奈津子 [栄養士、食事カウンセラー]
著者・コラム紹介バックナンバー

飲んだ酒が抜けない体になってしまったら?
老化を食い止めるお酒とのつきあい方

 肝臓を酷使して老化をすすめないようにするには、日頃から良質のタンパク質(卵、魚、肉、豆・豆製品。ハムやベーコンのように加工されていず、原形に近いタンパク源)を摂取して肝機能を強化しておくことも大事だが、果物や生野菜をきちんと摂っているかどうかもチェックしよう。それらに含まれる酵素は食べものの消化を助けるため、酵素が不足すると、消化がスムーズにいかずに胸やけや胃炎を起こす。暴飲暴食するときほど、酵素を補う食べ方を意識するのが正解だ。

 そんなに量を食べていないのに、そんなに飲んでいないのにもたれるんだよな~、という人は、この酵素が不足している場合もある。体内酵素は加齢と共に減ってくるので、同じ食べ方をしているのに体がすっきりしない、という人は、加齢と共に減った分を食べもので摂ってあげるとちょうど良いだろう。

飲んだ後のラーメンが老化を加速
誘惑に打ち勝つ有効な方法は?

 そして、宴会シーズンのこの時期によく聞かれる、健康ドリンクの存在。コンビニでも手軽に購入できるし、ちょっとお高いだけになんだか効きそうな気がして、飲み会のときには習慣のように飲む人も少なくない。ただ、これらの医薬部外品の健康ドリンクは、ほとんどの商品においてカフェインを多く含んでいる。そのカフェインの作用によって、興奮気味に元気になり、疲れが遠のいた気分になるわけだが、疲れを根本から治すものではない。だから、そのドリンクの効き目が切れると、身体がムリしてはしゃいでいた分、飲む前より疲れが進行していたりするのだ。

 習慣化するよりも、ここぞというときに飲む。それがかしこい使い方のように思う。そして、化学物質を寄せ集めたような健康食品であれば、それではむしろ肝機能に悪影響を及ぼしてしまうこともお忘れなく。

 また、お酒を飲むとラーメンが食べたくなる、という人も少なくない。女性の場合には、アイスが食べたい、甘いものが食べたい、となりがちだが、かくいう私も、飲んだ後にアイス食べたい病を発症することがある。これはなぜかというと、肝臓がアルコールを分解してくれる過程で血液中の糖分が消費されることが関係している。それによって、飲み終わる頃、帰る頃には血糖値が下がりはじめるため、脳が空腹だと勘違いし、「これはまずい!」と糖分の多いものを欲するのだ。

笠井奈津子
[栄養士、食事カウンセラー]

東京都生まれ。聖心女子大学文学部哲学科を卒業後、栄養士免許取得。現在、栄養士、食事カウンセラー、フードアナリストとして活躍中。都内心療内科クリニック併設の研究所での食事カウンセリングやセミナーなどで、これまでに携わった8000通り以上の食事記録をもとに食事指導を行っている。また、“食卓に笑顔を”の願いのもと、『Smile table』を主宰し、ビジネスマン向けに企業内研修、カウンセリングをするほか、ワークショップなども実施している。
著書には『10年後も見た目が変わらない食べ方のルール』(PHP新書)、『成功する人は生姜焼き定食が好きだ』(晋遊舎新書)、『甘い物は脳に悪い すぐに成果が出る食の新常識 』(幻冬舎新書)などがある。
公式サイト スリップストリーム(お問い合わせ)


オトコを上げる食事塾 笠井奈津子

男も35歳を過ぎれば、体のあらゆるところにガタがくるもの。昨日の酒がなかなか抜けない、太りやすくなった、集中力が続かない、髪の毛がよく抜ける…。そんな症状を食事で改善できるとしたら?経営者や管理職セミナー、企業研修で多くの男性ビジネスパーソンの食事を指導している栄養士・食事カウンセラーの笠井奈津子氏がデキる&モテるビジネスパーソンになるための食事のルールをご紹介。健康的で若々しい体は食事からつくっていきましょう。

「オトコを上げる食事塾 笠井奈津子」

⇒バックナンバー一覧