【バルビンコベ(ウクライナ)】ウクライナ軍の前線基地となった地下室の壁がガタガタと揺れ、天井からしっくいの破片が落ちてきた。崩れ去った上部の建物に対し、ロシア側の砲弾が執ように撃ち込まれていた。さびれた村の外部に設置されたカメラにつながる監視モニターの画像には、あちこちから黒煙の立ち上る様子が映っている。  「今日のロシアは怒り狂っている。昨日われわれに戦車2台をつぶされたからだ」。カルパチアンシック大隊のマリアン小隊長はこう語った。他の軍人同様、彼はファーストネームしか名乗ることができない。ロシアが制圧した東部の都市イジュームに近い前線に配置されている。