ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

昨年とは大きく違う「成熟と停滞」のCES2013
何かが大きく変わる直前の“嵐の前の静けさ”か
――ラスベガスCES会場から占う2013年【後編】

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第42回】 2013年1月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 チップ周りについては、クアルコムなどから新製品が発表された。しかしそれもいわば正常進化の既定路線であり、率直に言って目新しさは感じなかった。むしろ、在りし日のパソコン市場で、CPUが性能競争に走り、徐々によく分からなくなっていった記憶さえ、甦ってきた。

 本連載でも再三指摘しているように、スマートフォンのコンセプトそのものは、どうやら昨年後半くらいで、概ね出尽くしたということなのだろう。おそらくこの先は、スペック競争に入っていくのだろう。ただそれも、化学的なイノベーションでも起きない限り、バッテリーの問題に制約を受け続けることになり、早晩限界が見えるところだ。

 おそらく今後は、端末としてはローエンド市場に向けたラインナップの拡大が、またサービスとしてはプラットフォーム競争の激化が、それぞれ進むように思われる。そこにチップ戦争がどのように影響を及ぼすか、それを見極めるのが、今年から来年にかけてのスマートフォン市場を理解する上で重要となる。

 この見通しが正しいかは、2月に開催されるモバイル・ワールド・コングレスで、概ね検証できるだろう。

クアルコムはインテルになるのか

 今年のCESで注目されたのは、主役の交代である。昨年までCESの主役といえば、基調講演を務めてきたマイクロソフトだったが、今年はクアルコムにその座を譲った。クアルコムのポール・ジェイコブス会長兼CEOによる基調講演に、マイクロソフトのスティーブ・バルマーCEOも登場して、演出的にもバトンが引き継がれた格好だ。

 この主役交代から、「時代はパソコンからスマートフォンへ」と連想する向きも、多かったようだ。確かに当事者たちも、そのような打ち出し方をしているし、またそれをそのまま受け取ったような論調も散見されている。

 確かに出荷台数を見れば、スマートフォンはすでにパソコンをしのぎつつある。集計方法で多少の誤差はあるだろうが、おそらく昨年末から今年前半にかけて、両者の出荷台数は完全に入れ替わることになるだろう。そしてスマートフォンの「心臓」を供給するクアルコムが、その中心に位置していることも、概ね間違いない。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧