ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
コンテンツ業界キャッチアップ

国内発売予定がない「ニンテンドー2DS」は
任天堂海外市場の救世主になる!?

石島照代 [ジャーナリスト],小山友介 [芝浦工業大学システム理工学部教授]
【第40回】 2013年9月3日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3
nextpage

 もっとも、2本の3DS用ポケモン関連ソフトはスピンオフ作品だから売れなくても仕方がないといえそうな気もするのだが、実は「ダンジョン マグナゲート」の前作、DS用の「ポケモン不思議のダンジョン 時の探検隊・闇の探検隊」は、全世界で488万本売れている。

 ここまでの話を整理すると、ポケモンシリーズとは「シリーズ完全新作なら最低1000万本以上、スピンオフなら最低100万本以上の売上」が事実上義務づけられているゲームソフトといっていい。加えて、「ダンジョン マグナゲート」の位置づけは、3DS用初のポケモン新作の売上の行方を占うものであったはずで、ミリオン到達が精一杯という結果は、任天堂関係者の背筋を凍らせるに十分だったと考えられる。

 つまり、「『ポケモンX・Y』をこのまま3DS用で出して本当に1000万本売れるのか」という、特にマーケティング関係者の疑問が、2DSの開発に踏み切らせた可能性が高いということだ。

価格と裸眼3D機能問題解決の答えが2DS
3D特許訴訟問題とは無関係

 「『ポケモンX・Y』をこのまま3DS用で出して本当に1000万本売れるのか」という心配が、2DSの開発に踏み切らせたと考えられる根拠に、価格と裸眼3D機能に関する2つの課題が挙げられる。

 まず価格についてだが、今回の施策の目的は「122.99米ドルという、米国市場で多くのお客様に手にとっていただきやすい、ストライクゾーンの価格帯の商品を作ること」(日本の任天堂広報室)だという。

 日本のゲーム市場の場合、「少々高くてもいいものを買おう」というメンタリティのユーザーが多いようだが、海外は違う。業界のある取締役によれば、「海外において最大の市場刺激策は値下げ」であり、海外は日本市場以上に価格に対する感受性が高いという。「どんな有名人を使っても市場はピクリともしないが、特に欧州は値下げを告知しただけで半年前のゲームソフトでも売れることがある」そうである。

previous page
3
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

石島照代
[ジャーナリスト]

1972年生まれ。早稲田大学教育学部教育心理学専修を経て、東京大学大学院教育学研究科修士課程在籍中。1999年からゲーム業界ウォッチャーとしての活動を始める。著書に『ゲーム業界の歩き方』(ダイヤモンド社刊)。「コンテンツの配信元もユーザーも、社会的にサステナブルである方法」を検討するために、ゲーム業界サイドだけでなく、ユーザー育成に関わる、教育と社会的養護(児童福祉)の視点からの取材も行う。Photo by 岡村夏林

小山友介
[芝浦工業大学システム理工学部教授]

1973年生まれ。芝浦工業大学システム理工学部教授。2002年京都大学大学院博士課程修了。博士(経済学)。東京工業大学助教等を経て現職。東工大時代に経済シミュレーション研究に従事、そこで学んだコンピュータサイエンスの知識を生かしてゲーム産業研究を行なう。専門はゲーム産業を中心としたコンテンツ産業論と社会情報学。2016年6月末に『日本デジタルゲーム産業史』 (人文書院)を刊行。

コンテンツ業界キャッチアップ

ゲームソフトをゲーム専用機だけで遊ぶ時代は終わった。ゲーム機を飛び出し、“コンテンツ”のひとつとしてゲームソフトがあらゆる端末で活躍する時代の、デジタルエンターテインメントコンテンツビジネスの行方を追う。

「コンテンツ業界キャッチアップ」

⇒バックナンバー一覧