ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

【ITで変わる顧客との関係】
ネットとリアルをつなぐ
古くて新しいキーワード「O2O」

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第7回】 2013年12月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3

O2Oをサイクル化する

 O2Oの取り組みは、今後もさらに多様化と進化を続け、さまざまな業界において実践されていくと予想される。今後重要となるのは、O2Oを「O2O2O」、さらに「O2O2O2O」といった具合にサイクル化し、定着、伝搬、増幅、精度向上につなげていくことであり、そのパターンにはリテンション型、ソーシャル・インフルエンス型、分析フィードバック型などの展開が考えられる(図表3)

リテンション型:O2Oの取り組みを一過性のキャンペーンなどにとどめることなく、継続的な顧客として定着させるために、Web会員やメルマガ購読への登録を促したり、顧客が欲する情報をタイムリーに提供したりして、オンラインとオフラインを何度も行き来させる。

ソーシャル・インフルエンス型:ソーシャルテクノロジの持つ情報の伝搬性と増幅性を活用して、体験や世界観といった情緒的な付加価値をインフルエンサーといわれる影響力を持った消費者に訴求する。そして、そのインフルエンサーがソーシャルメディアなどを通じて伝播することで、共感の輪を広く連鎖させる。

分析フィードバック型:オンラインにより入手した顧客の属性情報やオフラインでの購買行動を組み合わせて分析し、より効果的な誘導やコンバージョンの方法を仮説検証しながら探り、活動の成功確率を高める。

 O2Oへの取り組みは決して新しいものではないが、昨今のスマートデバイスやソーシャルメディアの普及拡大によって、新規のビジネスモデルや顧客エクスペリエンスが次々と生み出されている。斬新なアイデアも新規技術も矢継ぎ早に繰り出されていることから、企業は同じ業界内だけでなく、異業種における先進事例と最新の技術シーズにも着目することが求められる。

☆―告知―☆

ITR代表取締役 内山悟志 基調講演のご案内

― ITR主催 エグゼクティブフォーラム ―――――――――――
『IT Trend 2014』
~デジタルイノベーションによるビジネス価値の創造~
2014年5月14日(木) 京王プラザホテル(東京・新宿)
―――――――――――――――――――――――――――――

「IT Trend 2014」は、企業経営者やCIO、経営企画部門の意思決定者の方々を対象としたエグゼクティブフォーラムです。

今回は「デジタルイノベーションによるビジネス価値の創造」をテーマに、ITRの内山悟志(代表取締役/プリンシパル・アナリスト)による基調講演、米国コンステレーション・リサーチ社 会長 兼 プリンシパル アナリスト R “レイ”ウォン氏を招聘した特別講演に加え、ITRのアナリストが集結し、全12セッションが予定されています。

■開催概要
日時:2014年5月14日(水)10:00~18:20(開場9:30)
会場:京王プラザホテル コンコードボードルーム(東京・新宿)
主催:株式会社アイ・ティ・アール
定員:600名

■プログラムと参加登録
http://www.itr.co.jp/event/forum140514/index.html
*事前登録制* ご招待ID【DOL007】の入力で無料登録

previous page
3
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧