リーダーは落ちて、タイムキーパーは受かる?
就活都市伝説の真実とは

 よくある就活都市伝説では、「リーダーになると落ちる確率が上がる」とか「タイムキーパーは受かりやすい」などが言われたりしていますが、役割によって評価が変わることはありません。結局は全体で議論をさせることが目的だからです。

 もちろんリーダーになった場合にあまりに周りをマネジメントできないと、「イケてないことが目立つ」というリスクはありますが、そういう評価をされる人は他の役割になったとしても落ちるでしょう。

 では、グループディスカッションを通過する人はどんな人でしょうか。

 一言で言えば、「議論を前に進めた人」です。

 多くの場合、特定のテーマが与えられ、それについて議論をする形式が取られますが、「解のないもの」や「複数の解になるもの」がほとんど。意見を分散させたり、みんなでひとつの企画/アイデアを創りあげたりする方が一人ひとりを見ることができるからです。

 このように多方向に議論が展開されることは、ビジネスの世界では日常茶飯事。相手を説得したり、相手の意見を聞き入れたりするいわゆる「コミュニケーション能力」が問われます。

 しかし、議論は目的ではありません。解決策を出すことが、ここでの目的になるため、無理に議論の幅を広げ、周りが理解できない状況、ついていけない状況をつくることはNGです。「議論を前に進める」ためには、全体の同意を得ながらも解に近づけるために行動すること。自分の意見だけを押し付ける人や、逆に自分の意見を出さず周りに迎合しているだけの人はビジネスの世界では通用しません。そういう人はグループディスカッションの段階で精査されるでしょう。

自分の意見ばかり言う人、混乱させる人…
“残念な人”の巻き添えをくらわない方法

 しかし、グループディスカッションで組まれるチームはランダムなことが多いので、

・自分の意見ばっかり言う人
・まったく意見を言わない人
・論点をずらしたり、進めた話を元に戻したりして周りを混乱させる人
・難しいことばっかり言って、自分は賢いとアピールする人
・タイムマネジメントができない人

 などと一緒になることもよくあります(上記に挙げた人は、いわゆる落ちる人ですね)。

 そんな「うわー、こんな人と一緒になっちゃった」という場合に、巻き添えをくらって一緒に落ちる人もよくいます。大変残念なケースですね。

 例えば、「自分の意見ばっかり言う人」と一緒になり、無駄に議論がヒートアップした人以外は蚊帳の外になる状況。

「まったく意見を言わない人」ばかりが集まってしまい、必然的に自分ばかり意見を言ってその方向に持って行ってしまう状況。

「論点をずらす人」と一緒になり、一向に話が前に進まない状況。

 などなど……。

 そういった人と一緒になって自分自身も空回りしないようにするためにはどうしたらよいのでしょうか。